初心者でも簡単!ネイルチップ(つけ爪)をセルフで作ってみよう

ネイルチップは自爪に合った大きさ選びが肝心

ネイルチップは自爪に合った大きさ選びが肝心

いつもは仕事柄、短い爪やネイルを塗れない方も、長い爪やアートなデザインを楽しめるネイルチップ。両面テープで簡単につけ外しできるので、結婚式やパーティなど特別なシーズンにもおすすめです。いつもよりちょっとゴージャスに着飾ったファッションに合わせて、ネイルもおしゃれしちゃいましょう!

ちょっと難しい三角フレンチやチェックも簡単に!

ちょっと難しい三角フレンチやチェックも簡単に!

しかも、実は自爪にセルフネイルするよりも簡単。利き手じゃないほうの手を使ってネイルアートをするのが難しい……という初心者の方でも、ネイルチップなら10本の指に均等なネイルデザインが描けます。いつもより凝ったデザインにトライできるのも魅力ですね。

用意する道具と材料

ネイルチップ(つけ爪)を作る際に、まず用意しておきたい道具といえば「ネイルスタンド」。これを1つ持っておくと、ネイルアートの仕上がりがぐっと見違えます。ネイルチップや両面テープ同様、ネイルスタンドも100均で購入可能ですのでぜひ揃えてみてください。

・ネイルスタンド
・ネイルチップ
・両面テープ
・ネイルカラー
・トップコート
・ネイルパーツ
・ネイル用ピンセット

ネイルチップ(つけ爪)の作り方&デザインの描き方

数あるチップの中から自爪にぴったりのサイズをチョイス

数あるチップの中からぴったりのサイズをチョイス

1.自爪のサイズに合うネイルチップを選びます。基本的に横の大きさは調節せずに長さだけを調節していく方がなじみがよいので、合わせる時は横幅をチェックするようにしましょう。余ったネイルチップは練習用に使って有効活用!

ネイルスタンドにチップを装着する

ネイルスタンドにチップを装着する

2.ネイルチップスタンドにネイルチップを装着したら、手のひらで握って固定しながら塗っていきましょう。こうすることでブレずにキレイに描くことができます。ネイルチップスタンドは100均などでも購入可能です。

水色のネイルカラーで三角フレンチを描く

水色のネイルカラーで三角フレンチを描く

3.先端に淡い水色のネイルカラーで三角フレンチを描きます。自爪だと真っ直ぐなラインが引きにくいデザインでも、ネイルチップなら簡単! 左右対称になるように注意しながら塗っていきましょう。
 
ネイビーのネイルカラーでV字ラインを描く

ネイビーのネイルカラーでV字ラインを描く

4.ネイビーで三角フレンチのラインに合わせて、V字を描きます。 平行になるように間隔を均一に空けましょう。

細筆にシルバーのラメを取り、ラインを引いていく

細筆にシルバーのラメを取り、ラインを引いていく

5.細筆にシルバーのラメを取り(ライナーでもOK) チェック柄の上から重ねるように線を引いていきます。キラキラのラインが入ることで、ぐっとデザインが華やかに! ゴールドにしてもキュートです。

三角パーツを4つ組み合わせてリボン型を作る

三角パーツを4つ組み合わせてリボン型を作る

6.柄が乾いたらパーツを飾る部分に、トップコートを塗っておきましょう。飾りとなる三角のパーツを4つ並べてリボン型になるように乗せていきます。

トップコートを全体に塗り、定着させる

トップコートを全体に塗り、定着させる

7.再度トップコートを全体に重ねると、ツヤ感が出てデザインも長持ちします。 週に何度か塗り直せばさらに長持ち!

 

自作ネイルチップのできあがり

パーティシーンにピッタリなデザイン

パーティシーンにピッタリなデザイン

チェック柄にリボンとパールをあしらった、自作ネイルチップの完成! どの指も均一に上手にデザインが描けるので、クオリティも高く仕上がります。

ネイル施術協力

ネイルスクール「黒崎えり子ネイルビューティカレッジ
表参道校(03-3409-2211)、名古屋校(052-587-2131)

ネイルサロン 「erikonail」 
OMOTESANDO(03-3409-5577)、GINZA(03-6252-3300)、
HIROO by More Couture(03-3442-1155)NAGOYA(052-541-6661)


※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。
※個人の体質、また、誤った方法による実践に起因して肌荒れや不調を引き起こす場合があります。実践の際には、必ず自身の体質及び健康状態を十分に考慮し、正しい方法で行ってください。また、全ての方への有効性を保証するものではありません。