足ネイルをかわいく!実はハンドよりも簡単なフットジェルネイル

サンダルの季節は足元も可愛く

サンダルの季節は足元も可愛く


ハンドは利き手ではない方を使って塗るのが難しいけれど、フットは全て利き手で塗ることができるので、10本均一に仕上げられるのがメリット。一般的に足の爪は手の爪よりも伸びる周期が遅いので、個人差はあれど短く整えてお手入れすると1か月強はそのままキープできます。

マニキュアでも比較的長持ちするフットネイルを、セルフジェルならさらにキレイが長持ち! 塗り直す頻度が少ないので、飽きがこないようシンプルなデザインがおすすめです。
 

塗るのもオフも簡単!手軽さが人気の「ジェルポリッシュ」とは?

セルフフットネイルに必要な道具

セルフフットネイルに必要な道具

今流行りの「ジェルポリッシュ」は、マニキュアとジェルのいいとこどりのアイテムとして注目を集めています。マニキュアみたいにハケで塗るだけなのに、ジェルのようにツヤツヤで長持ち。でも、ソフトやハードジェルと違って未硬化ジェルのふき取りも、オフの時に削る必要もありません。カラーバリエも豊富なので、フットネイルにぴったりなビビッドカラーが見つかりますよ。

フットジェルネイルをする際にあると便利なのがフットセパレーター(一番下)とフット用の小さめネイルファイル(中央赤いファイル)。後はハンドと同じ大きめのネイルファイルとコットンスティックがあればOKです。

ジェルポリッシュで仕上げるシンプルフットネイル

まずは大きめファイルで整える

まずは大きめファイルで整える

1.長持ちさせたい人は少し短めに整えておきましょう。ファイルで削る際は、左右に動かすと爪の層が壊れてしまうため、一定方向に動かすのが正解。


 
小さめファイルで角を取る

小さめファイルで角を取る

2.指に沿ったラウンド型に切ると巻き爪の原因に。角を少し取ったスクエアオフがおすすめです。小回りの利く小さな足用ファイルで削っていきましょう


 
スクエアオフにカットした状態

スクエアオフにカットした状態

3.これくらいの長さが目安となります。角も少し取れているので、引っかかる心配もありません


 
メタルプッシャーがあると便利

メタルプッシャーがあると便利

4.甘皮が残っているとジェルが浮きやすくなってしまうので、しっかりとケアしていきます。メタルプッシャーで甘皮を押し上げます。プッシャーが無い時は、ウッドスティックにコットンを巻き付け、少し濡らした状態でオフしてください


 
ルースキューティクルをオフしてすっきり

ルースキューティクルをオフしてすっきり

5.ぽろぽろと出てきた薄い膜(ルースキューティクル)を、濡らしたクリーンガーゼで拭き取っていきます


 
小さい爪もしっかりオフ

小さい爪もしっかりオフ

6.爪の面積が小さくなって拭き取りにくい時は、逆さまから指をあてるとやりやすくなります


 
油分を除去してさらに長持ち

油分を除去してさらに長持ち

7.爪の表面を、ネイルクレンザー(エタノール)を含ませたガーゼでキレイに拭き取ります。油分を除去することで、ネイルの持ちがよくなります


 
次はジェルネイル塗布!

次はジェルネイル塗布!

8.まずボトルをよく振って、ボトルの縁でハケをしごいて量を調整しておきます。ジェルは粘度があって甘皮側に溜まりやすいので、まずは上半分を塗りましょう


 
エッジもしっかりと

エッジもしっかりと

9.エッジ(爪の先端の側面)を塗り忘れると、先端から空気や水分が入り込んでしまい、はがれやすくなります。忘れずに必ず塗るようにしましょう


 
最後に甘皮部分に塗布

最後に甘皮部分に塗布

10.ジェルは硬化するまで固まらないので、マニキュアと違って時間に焦る必要がありません。ゆっくり均一になるように塗布していきます


 
硬化する前にはみ出しをチェック

硬化する前にはみ出しをチェック

11.ジェルが指や甘皮にはみ出してしまったら、ウッドスティックでオフしておきましょう


 
ライトに当たらないように注意

ライトに当たらないように注意

12.固まっていない状態で物に当たるとヨレてしまいます。気を付けながらLEDライトに入れて30秒硬化。秒数はメーカーによって違うので確認してくださいね


 
2度塗りで発色も美しく

2度塗りで発色も美しく

13.2回目も上半分→エッジ→甘皮側と同様に塗布して、30秒硬化させます


 
ツヤツヤ発色!

ツヤツヤ発色!

14.2度塗りが終わった状態。ジェルポリッシュは未硬化ジェルの拭き取りも、ツヤ出し用のトップジェルも必要ないのでスピーディなのも魅力です


 
ジェルポリッシュはオフも簡単

ジェルポリッシュはオフも簡単

15.コットンにジェルリムーバー(アセトン)をひたひたとするまで含ませ、アルミホイルでぴったりと巻いて5分放置。剥がれてきたネイルをウッドスティックで剥がしていきましょう。強くこすらないと落ちない場合は、もう少し放置タイムが必要です。


 

ネイル施術協力

ネイルスクール「黒崎えり子ネイルビューティカレッジ
表参道校・新宿校(03-3409-2211)、名古屋校(052-587-2131)

ネイルサロン 「erikonail」 
OMOTESANDO(03-3409-5577)、SHINJUKU(03-3352-0129)
GINZA(03-6252-3300)、HIROO by erikonail(03-3442-1155)
taAko-izu by erikonail(03-5785-2228)



※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。
※個人の体質、また、誤った方法による実践に起因して肌荒れや不調を引き起こす場合があります。実践の際には、必ず自身の体質及び健康状態を十分に考慮し、正しい方法で行ってください。また、全ての方への有効性を保証するものではありません。