1階に親世帯、2階に子世帯が住む、完全分離型の2世帯住宅です。両世帯が坪庭を取り囲むことで、それぞれの家族がお互いのプライバシーを守りながらも、常に気配を感じあえる絶妙な距離感を保っています。

街に溶け込むシックな外観


写真をクリックすると次の写真に進みます
外観
北側の道路から長いアプローチが延びる。母屋の手前は4台分の駐車場になる。写真:アトリエスピノザ
外観
東側のヒバ堅羽目板張りの外壁に2世帯の玄関が並ぶ。玄関ポーチは玉砂利洗出し仕上げ。写真:中村 絵
外観
2階の東南の角の開口はバスデッキ。外壁からセットバックした玄関まわりは、上部が庇の役割を果たしている。写真:アトリエスピノザ
外観
南西の角に造られた親世帯のテラス。2階の大きな庇の下は子世帯のテラス。写真:中村 絵
テラス
子世帯のテラスから見た親世帯のテラス。デッキと木製フェンスはセランガンバツ材。写真:アトリエスピノザ


Sさん一家とご両親が住む2階建ての住宅は、道路に面した広めの駐車場の奥にあります。正面は淡いベージュ色の壁面と約1mセットバックした玄関まわりの木張りの壁のシンプルな組み合わせ。個性的でありながら控えめな外観は、さりげなく街に溶け込んでいます。