建て主のAさんはご自邸を建てるに当って、ネットで建築家のサイトを熱心に検索するなかで、アトリエスピノザのサイトで井東力さんと市原佳代子さんの作風に共感し、ご自邸の設計を依頼されました。
Aさんのご自邸の敷地は最寄りの私鉄の踏切がすぐ近くという、2本の道路が交わる北西の角地でした。

長い庇をもつストイックな外観


写真をクリックすると次の写真に進みます
外観
北側(左)と西側(右)に2本の道路が交わる角地に建つ。2階のコーナーにバルコニーの窓が空いている。
外観
西側の壁にはキッチン・ダイニングと子供室の窓がある。足元に植えられているのはスカイペンシル。
外観
北側の壁のスリットは寝室の窓。
外観
北側の壁のスリットは寝室の窓。
外観
玄関の上がり框に間接照明が仕掛けられている。右の引戸を開けるとキッチンへ抜けるシューズクロークが現れる。
写真は全てアトリエスピノザ


最寄りの駅の小さな踏切の近くに淡いベージュ色の住宅が建っています。外観に窓が少ないのは、敷地に接する2本の道路を走る車の騒音と、踏切の遮断機の防音対策のため。
北側の道路に沿った長い塀と並行して、車二台が停められるほどの奥行きのあるガレージを挟んで、母屋の間口いっぱいにチーク材の壁と長い庇が伸びています。その庇の中程に付けられた大きな玄関扉を開けると、玉砂利の玄関が現れます。


◆建築データと建築家プロフィール