外に開く大きな三角吹抜けのLDK


写真をクリックすると次の写真に進みます
LDK
玄関からLDKを見る。床はチークのフローリング。
LDK
リビングの東側の窓を開けばデッキテラスとひと続きになる。窓際に間接照明を仕掛けたベンチが造り付けになっている。
LDK
直径16mmの丸鋼で制作された階段が2階へ伸びる。吹抜けの天井もチーク材。
LDK
船底のようなリビング・ダイニングの天井。高さは2.4m。
LD
ステンレストップのL字形のキッチンカウンター。背後のパントリーは引戸で隠すことが出来る。高さ2.2mの天井に開けられたガラス張りの床を通して2階の天窓から光が入る。
写真は全てアトリエスピノザ


玄関から入って現れる吹抜けは、東側の壁を南側に振っています。これはガラス戸の向うに広がるデッキテラスから入り込む光を、より多く室内に取込むための工夫です。この吹抜けの天井高は4.7mもあります。
ここは室内の中心となるスペースで、家族は日常のほとんどをここで過ごします。子供達が2階の廊下のワークスペースにいても、階下のLDKから気配を感じ、コミュニケーションをとることができるのです。また、天井の高さや仕上げにヴァリエーションを設けたことで、様々な場所で空間の変化を楽しめます。
◆建築データと建築家プロフィール