この家の建て主のご家族は、以前はハウスメーカーによる二世帯住宅暮らしでした。しかし全体的に暗く、玄関の位置などが気に入らないなどの悩みをかかえていました。建て替えの設計を依頼された、アトリエスピノザの井東さんと市原さんは、まず1階を親世帯、2階を子世帯に分けて中庭を敷地の中心に据え、そこを回遊するように部屋を配置することで、どの部屋においても採光と通風を確保するというデザインを提案したのです。

長いアプローチのベージュ色の家


写真をクリックすると次の写真に進みます
外観
1. ファサードは前面道路から2.3mセットバックしている。外壁はジョリパットコテ押え仕上げ。
2. 玉砂利の洗い出し仕上げのアプローチは奥行き7m。玄関前の植栽はリュウノヒゲとエゴノキ。
3. 駐車場に面した南側。セランガンバツの木製フェンスに囲われた内側は、イロハモミジが植えられたデッキスペース。
写真は全てアトリエスピノザ


最寄りの駅から20分ほど歩いた先の落ち着いた住宅地に、凹型のファサードのベージュ色の家があります。玄関は訪れる人を招き入れるように、長いアプローチの奥に控えています。張り出した左の棟は、ガレージとバルコニー付きの子世帯の寝室、右の棟は、書斎と音楽室になっています。敷地の背後は駐車場に面した南向き。コーナーを木製フェンスで囲って、光と風を採りこむデッキスペースとしています。これは1階と2階のリビングの延長スペースとなり、部屋をより広く、ゆったりと感じさせています。

◆建築データと建築家プロフィール