台北のカウントダウンイベントといえば「台北101」の花火。年越しの瞬間に華やかな花火が打ち上げられるビッグイベントです。今回は台北101の花火と花火見物のおすすめスポット・ホテル、アクセス、混雑状況や注意点などの情報をお届けします。

allabout taiwan

年越しに打ち上げられる台北101の花火。台湾観光局提供


2018年台北101の花火はHappy Together!

台北のカウントダウンイベントといえば台北101の花火。色鮮やかな花火が台北101ビルから吹き出すように打ち上げられます。周辺地域は大変混雑し、交通規制も敷かれますが、その美しさに魅せられて毎年参加する旅行者もいるほどです。

今年はこれまでの中で最も長い360秒間の打ち上げとなります。花火は最多で3万8000発だったのですが、今年から環境に配慮して1万6000発に減りました。その代わりにLEDを使い、台湾の伝統的なモチーフを表現します。

半分の打ち上げ数となった花火ショー、どうなっちゃうの?という不安を払拭するため、今年は花火のイメージ動画も発表されました。テーマは「2018幸福共好 Happy Together」です。

2018台北101新年大秀模擬動画 Simulation of 2018 TAIPEI 101 Year-end Countdown Show

カウントダウン花火が始まるのは23時59分。今までとは違う、新しい年の幕開けとなりそうですね。夜が更けるほど混んでくるので、21時くらいには会場周辺でスタンバイすることをおすすめします。

会場での服装は防寒対策をしっかりと

台北の服装

台北の昼間は暖かいが、夜は意外と冷えるので注意

夜は冷えますので温かい服装を心掛けて、寒がりの人は使い捨てカイロがあると安心です。また、カジュアルな服装なら疲れた時にその場で座ったりできますし、何時間もMRT駅まで歩くことを考えて歩きやすい靴を履きましょう。

他に注意することは?

食事を済ませてから会場に向かうか、事前に食料を調達しておきましょう。夜22時以降は携帯の送受信が非常に困難になります。数人で行く場合は、はぐれた時の集合場所をあらかじめ決めておきましょう。携帯の充電器があると安心です。混みあった場所にはスリもいますので、荷物の管理には注意が必要です。

花火見物のおススメスポットは?

ここでは、地元の人が好む花火見学スポットをご紹介します。
  • 台北市政府市民広場
    台北101から600m。カウントダウンパーティーも行われる人気スポット。時間がたつほど混雑するので、早めの場所取りがおすすめです。
  • 四四南村簡単市集 莊敬路與松勤街口(莊敬路と松勤街の交わったあたり)
    台北101から550m。台北市莊敬路と松勤街が交差したあたりにある旧軍人村。台北101の全景が見えるので花火見物の人気スポットのひとつです。
  • 松平路與松智路口(松平路と松智路の交差点)
    台北101から400m。交差点と言っても広めの歩道やちょっとしたスペースがあるのでスタンバイが可能。台北101の全景が綺麗に見えます。
  • 國父紀念館広場
    台北101から1.1km。上手く行けば水辺に映る花火を同時にカメラに収めることが出来るかもしれない撮影スポットとして人気。
  • 台北市呉興街220巷59號付近の空き地
    台北101から1.2km。台北醫學大學(台北医学大学)の付近の空き地で、101方向には視界を遮るものが少なく、綺麗に花火を鑑賞できます。

タクシー利用なら交通規制に注意

12月31日跨年會當天實施停車管制範圍

12月31日の交通規制エリア(画像はスクリーンショットです)

土地勘のない旅行者にとってタクシーは便利ですが、花火会場周辺は12月31日夜22時から1月1日午前3時まで交通規制が敷かれます。この時間帯は、規制区域内の車の進入ができません。そのため移動はMRT(地下鉄)利用を考えておくと良いでしょう。

花火終了後、最寄りのMRT台北101/世貿駅とMRT市政府駅では入場規制がかかります。なのでMRT象山駅や信義安和駅、國父記念館駅といった比較的近い駅まで歩く覚悟も必要。

MRTは12月31日~1月1日にかけて夜通し運行していますが、終了後はものすごい数の見物客が近隣駅に殺到するため、駅に着くまで数時間かかると思ってください。

会場近くの地下道、通路も閉鎖

MRT台北101/世貿站地下道、市府轉運站地下道、微風信義地下道、市府轉運駅2階通路といったところが12月31日21時(場所によっては22時)から通行できなくなります。

Youbikeの規制について

微笑単車営運管制資訊

Youbikeの規制エリア(画像はスクリーンショットです)

2017年12月31日17時から2018年1月1日午前3時までは会場周辺でYoubike(台湾のレンタサイクルサービス)の駐輪所が利用できません。また、管制区域は自転車走行も禁止です。

(使用禁止となる駐輪所)
2017年12月31日17時至から2018年1月1日午前3時まで、MRT國父紀念館駅(2番出口)、臺北市政府、市民廣場、興雅國中、世貿二館、信義廣場(台北101)、世貿三館、三張犁、MRT台北101/世貿駅、MRT象山駅、仁愛逸仙路口、松徳公園、信義基隆路口、の13ヶ所が使用できません。

2017年12月31日19時から2018年1月1日午前3時まで、臺北市災害應変中心、象山公園、MRT信義安和駅(4番出口)、基隆光復路口、仁愛延吉路口、三興公園、MRT信義安和駅(1番出口)の7ヶ所が使用できなくなります。

花火、遠くからでもホテルから見えるところは?

会場に比較的近いところでしたら、W HOTEL寒舍艾美酒店(ル・メリディアン)、君悦酒店(グランド・ハイアット)など。やや遠くからでしたら台北香格里拉遠東國際大飯店(シャングリ・ラファーイースタンプラザホテル)台北維多利亞酒店(ヴィクトリアホテル)HOTEL Bなどがあります。

花火の次に有名なカウントダウンイベントは台北最High新年城

台北のカウントダウンイベントのもう一つの名物は101ビル近くの市民広場で開かれる、台北最High新年城跨年晩會というカウントダウンパーティーです。歌手やタレントが出演するイベントで、入場料などはありません。

<DATA>
■台北最High新年城
日時:2017年12月31日19:00~翌日01:00
場所:市政府前広場(Googleマップ)
アクセス:MRT信義線台北101駅4号出口から徒歩約10分、MRT板南線市政府駅2号出口から徒歩約10分

毎年、環境問題や予算の都合で開催が危ぶまれている台北の花火。もしかしたら今年が最後になるかもしれないという噂もあります。旅程が合えばぜひ行ってみてください。

以上、台北のカウントダウンイベント情報でした!
※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。
※海外を訪れる際には最新情報の入手に努め、「外務省 海外安全ホームページ」を確認するなど、安全確保に十分注意を払ってください。