どこで撮る?写真スタジオを選ぶときはここを比べてみよう!

ドレス女の子写真

和装・洋装両方を撮りたい場合は、希望のテイストの衣装があることもポイントに

七五三の写真撮影は、今やフォトスタジオが定番といった雰囲気がありますが、写真館やホテル・神社で撮ってもらうこともできますし、最近ではカメラマンに希望の撮影場所まで来てもらう出張撮影(ロケーション撮影)も人気です。また、撮影プランを用意している呉服店も増えています。

選択肢が多すぎて、どこがいいのか迷ってしまいますよね。そんなときには、以下の点に注目して比べてみてください。ご家族ごとに譲れない点がきっと見えてきますよ。

1.衣装レンタル

  • 小物(足袋や腰ひもなど)は何を用意しなければならないのか。
  • 前撮りをする場合、お参りの日のレンタルはできるのか(キャンペーン等で無料になることもあります。ちなみに、5歳のお祝いの場合は、写真は和装で撮り、お参りはその後の卒園・入学式で使えるスーツを購入するという方も)。
  • どんな衣装があるのか。
  • 衣装の持ち込みは可能か。
  • 大人も借りることができるのか。
 2.ヘア・メイク・着付け
  • ヘア・メイク・着付けで、いくらくらいかかるのか。
  • ヘア・メイクの希望は聞いてもらえるのか。
  • どのくらいの時間がかかるのか。
  • 大人用のヘア・メイク・着付けがあるのか。
 3.写真撮影
  • 何カット・何ポーズ撮れるのか。
  • 家族や兄弟などの追加写真料金はいくらか。
  • 好きな写真を選べるのかどうか。
  • どれくらいの時間がかかるのか。
 4.写真の受渡し
  • いつ受け取れるか。
  • どのような選択肢があるのか(台紙・フレーム・ポストカードなど)
  • データがもらえるのか。
5.その他
  • キャンセル料は発生するのか。
  • 子どもが泣いてしまった場合、別の日に再撮影はできるのか。
  • スケジュールの再調整は可能か。
  • 外での撮影を希望する場合、雨天の場合はどうするか。
  • 駐車場があるか。
さらにおすすめなのが、ご両親や先輩ママなどに話を聞くこと。七五三など日本古来の行事には地域差があるものですし、大手のフォトスタジオであっても、店舗によって様子は異なります。身近な経験者のリアルな声はきっと参考になるはず。

七五三というお子さまの大切な節目を迎えられる皆様、思い出に残るひと時を過ごされますように!

関連記事






■経験談シェアリングサービス「エクシェア」にあなたの経験談を掲載しませんか?
※応募内容をもとにした独自取材にご協力いただいた方には3300円(税込み)をお支払いいたします

経験シェアリングサービス「エクシェア」では、「配偶者の不倫を乗り越え、夫婦関係を再構築している」「配偶者とセックスレスだったが、解消した」など、夫婦関係にまつわる悩みを乗り越えた体験談を募集しています。
経験談の応募はこちらから!

【経験談例】
第三子を出産してすぐ、夫の社内不倫と、相手女性の妊娠が発覚。それでも夫婦関係の再構築を選択した話(30代、女性)

40代で夫の不倫が発覚するも、夫婦関係の再構築を選択。子供はぶじ志望大学に進学、夫婦仲も円満になった女性の話(50代、女性)

W不倫&クレジットカードの使い込みが夫にバレて離婚。シングルマザーとなり、事務職とナイトワークの掛け持ちで生計を立てている話(40代、女性)

※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。