ズボラはどこまで許される?

ズボラ家事って、実際どれくらいズボラにしていても大丈夫なものなんですか~?」

という、そぼくかつ本質的なご質問にお応えし、ズボラの目安をお伝えするシリーズ。放置しがちな家事のデッドラインをズボラ家事提唱ガイド目線でご提示します。ただし相当「ゆるめ」ですので、個々で引き締めて(?)参考にしてみて下さい。

今回は「便座カバー」をテーマに、ズボラ家事のデッドラインを解説しましょう。


いつ替えたか記憶がない便座カバー
→とりあえず今すぐ替えよう(外そう)

トイレ周りの布モノってどれも悩ましい存在感

トイレ周りの布モノってどれも悩ましい存在感

一説によると、オナラ一回につき、腸内細菌(大腸菌)は数千~数万個放出されると言われています。つまり、排泄にともなう放屁のたび、便座カバーにも一定数付着していると考えられます。

その他にも、臀部にかいた汗や放尿時の飛沫、便座の蓋を上げている間に降って来るホコリなど、便座カバーにはさまざまな汚れが付着しているはずなのです。

というわけで、家族数やトイレの使用頻度にもよりますが、かなり長くても、2週に一度程度は交換しておきたいところでしょう。

便座カバーに限りませんが、「毎日使っているモノ」って、実際はすごく汚れていたとしてもあまり汚れたような気がしません。それゆえに、気がつけば数ヶ月も使用しているということが起こりうるのでしょう。


季節によっては、あえて便座カバーを使わないのもアリ

そんな便座カバー、「最近替えてない、まずいな」と気づいたなら、すぐに外して洗濯しましょう。なんなら暖かな気候の間は「カバー無し」で過ごしてみるというのもおすすめです。

便座カバーがなければ、消毒用エタノールをトイレットペーパーに吹き付けたものなどで、1日1回便座周辺をさっと拭くだけと手入れも簡単。衛生的な暮らしをしている気分が高まりますし、実際快適です!

カバーがないと心許ない場合などには、複雑な被せ方をせずに済む「載せるだけ」のタイプを導入するのも一手です。

かく、おのれのズボラ嗜好と相談しながら、なるべくオナラ菌などを溜め込まないような快適便座環境を目指して下さい。
こまめに替える自信がない人は「使わない」という選択肢も考えましょう。

こまめに替える自信がない人は「使わない」という選択肢も考えましょう。


※消毒用エタノールは汎用性が高いので、ぜひ一家にひとつ用意したいところ。

※「載せるだけ」の便座シートもいろいろ登場しています。


※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。