第18回国バラ スナップ集・2

引き続きコンテスト出展作品から。こちらはガーデン部門の中でも、一番高さのある作品だったのではないでしょうか。
ガーデン部門「コンテナガーデン-庭の積み木Garden Bricks-」」

ガーデン部門「コンテナガーデン-庭の積み木Garden Bricks-」」

ガーデン部門からの紹介、おしまいはハーブを積んだ荷車が目を惹く作品です。
ガーデン部門「バラとハーブのほったらかしの庭」

ガーデン部門「バラとハーブのほったらかしの庭」

続いて、会場内の他のガーデンを見てみましょう。こちらは1ページ目でご紹介したローラン・ボーニッシュのフラワーショップのお庭です。
「パリ街角のお花屋さん」の裏庭

「パリ街角のお花屋さん」の裏庭

こちらは、ホンダのブースに作られたポタジェ。ポタジェとはフランス式家庭菜園で、お花と野菜、ハーブなどがきれいに植栽されています。
ポタジェ

HONDAブースのポタジェ

最後は今回のショウで新しい試みとなった、「ライブガーデン」のお庭。ライブガーデンとは、会期中3日間に渡って庭を制作していく様子を披露するもの。その大役を担ったのは、第16回のショウで「赤毛のアンの庭」を手がけた有福創氏です。画像はスタート前のもので、アフターと比較できないのが残念ですが、きっと素敵なガーデンカフェが出来上がったことでしょう。
ライブガーデンのビフォー

ライブガーデンのビフォー

まだまだご紹介したりない気がしますが、WEB上ではこの辺で……。2016年の第18回国際バラとガーデニングショウの会期は、5月18日(水)までです。ぜひ皆さんも、たくさんのバラと素晴らしい庭に会いにお出かけになってみてください!


※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。