公式ガイドブック

ガイドブックもトリコロールカラー

1年の内でバラとガーデニングを愛する人々の注目を一番集めるのは、この国内最大規模の花イベント「国際バラとガーデニングショウ(International Roses & Gardening Show 2016)」でしょう。

2016年の本ショウは、5月13日(金)より6日間の会期で開催されています。

今年は『Parisパリ』をメインテーマに掲げ、会場は100万輪のバラで埋め尽くされ、会期中のひととき西武ドームはバラの都に変身します。 

『第18回 国際バラとガーデニングショウ』開催概要
期間:2016年5月13日(金)~18日(水)
9:30~17:30(最終日は17:00終了、入場は終了の30分前まで)

会場:西武プリンスドーム (埼玉県所沢市上山口2135)
詳しくは、「国際バラとガーデニングショウ」公式ホームページ

ガイド記事でもすっかり恒例のイベント紹介となりますが、今回もショウの一端をWEB上でお楽しみください。

まずは、エントランスガーデンからご覧いただきましょう!

エントランスガーデン~パリの小路

エントランスガーデン

エントランスガーデンより

会場に入ってすぐ、来場者をお迎えしてくれるのがこのエントランスガーデンです。

今年はガーデンデザイナー・阿部容子氏による演出で、表と裏で違った表情を見せる庭は、パリの二面性を表現しているとのこと。ガーデンの奥に鏡が仕込まれていて、実際よりも奥行が感じられます。

 
エントランスガーデン

鏡に映り込まないように撮影するのが難しかったエントランスガーデン

エントランスガーデン

エントランスガーデンより

こちらは反対側に回りこんだ風景です。トリコロールカラーを意識した表側に対してニュアンスカラーの植物が植えられており、かなり印象が異なる庭ですね。こちらも表と同様に鏡が入っているため、来場者の足元が映り込んでしまいました。

 
パリの小路~ La Ruede Paris ~

会場にパリの街角が!

エントランスガーデンのバラたちに導かれるように奥に進むと、パリ在住の中村江里子氏がコーディネートした『パリの小路 ~ La Ruede Paris ~』へ。

有名パティシエによるスイーツショップやメイアンローズショップ、美しいボタニカルアート「ルドゥーテ・コレクション」、ローラン・ボーニッシュ氏の「パリ街角のお花屋さん」などが並んでいます。

 

ローラン・ボーニッシュ「パリ街角のお花屋さん」

パリの街角を切り取ったようなフラワーショップ

お店の裏には素敵なお庭もあり、こんなところで美味しいスィーツをつまみながらティータイムをしたいなぁという気分に……。そのお庭は後ほど会場スナップでご紹介するとして、次に向かいましょう。

次ページは、昨年のコンテスト大賞受賞者による庭とメインガーデンをご紹介します。