メイクが濃い、近寄り難い雰囲気になってしまうのは何故…?

クールビジュアル系メイクを大人かわいいメイクに変身!

クールビジュアル系メイクを大人かわいいメイクに変身!

ついマンネリ&自己流になってしまいがちな「一般女性のメイクの悩み」を、ポイントヘアメイクのお直しだけで解決します!
30代のAさんは、メイクやファッションへのこだわりが強いせいか、ヴィジュアル系っぽい近寄りがたい雰囲気に勘違いされてしまう事がしばしば。
アイメイクはいつも丁寧にしている一方、実は他のパーツはあまりメイクしていないのだそう。なのに、「化粧が濃い」「キツイ」というイメージに見られてしまうのが悩み。リップをつけると口が目立ちすぎるのも、コンプレックスポイントなのだとか。


メイクガイドが斬る!普段メイクの残念ポイント

  1. 目ヂカラが強すぎて気が強そうに見える!男性ウケが悪そう……
  2. 黒×赤の配色がヴィジュアル系メイクっぽい。気難しそうな印象に
  3. 元の顔立ちがはっきりしているのに、各パーツを強調しすぎて全体的なバランスが悪い
Aさんの変身テーマは、「親しみやすく大人カワイイ雰囲気のメイク」に決定です!

【改善ポイント1 目元】
目ヂカラのある人は「アイラインなし」のほうが爽やか ! 

(上)NG目力強すぎメイク(下)OKアイラインなし爽やかメイク

(上)NG目力強すぎメイク(下)OKアイラインなし爽やかメイク

元々はっきりした顔立ちのAさんのようなタイプは、濃いアイシャドウやアイラインは入れず、必要以上に目元を目立たせすぎないのが正解!
その代わり、目の二重幅部分にゴールドシャドウを投入して光を集めれば、ほどよくキラリとした目元に。下まぶたにピンクパールを入れることで、優しい印象もプラス。

【改善ポイント2 眉】
「眉は目よりも目立たない」が鉄則!ナチュラルに仕上げて

(下)NG角度つけすぎ眉(上)OKナチュラル眉

(下)NG角度つけすぎ眉(上)OKナチュラル眉

顔をキツイ印象に見せていた原因のひとつが「高すぎた眉山の位置」にありました。
ナチュラルな目元を強調するためには、眉は目よりも目立たないようにバランスを取るのが◎ 角度をつけすぎないように気をつけると優しい印象に仕上がります。髪の色に合わせて眉マスカラで調整するとより自然に!


【改善ポイント3 チーク・ハイライト】
横のラインを強調して、顔を若々しく見せる!

パーツとしてあえて目立たせるならチーク

ピンクがチーク、白がハイライとエリア。パーツとしてあえて目立たせるならチークを!

顔を若々しく見せたいので、横のラインを強調するイメージで平行にチークとハイライトを使いましょう。他のパーツがナチュラルなので、チークをポイントにして少し強めに乗せます。マットではなく繊細なパール入りのタイプがオススメ!上品な輝きをプラスして健康的に仕上げましょう。


【改善ポイント4 リップ】
必要に応じて「元の唇の色を消して描きなおす」という手も

(上)NG赤すぎリップ(下)OKオレンジ爽やかリップ

(上)NG赤すぎリップ(下)OKオレンジ爽やかリップ

もともと唇の色が濃い人は唇用のコンシーラーで元の色を消すのが印象を変えるのには効果的。ベージュでは地味すぎますが、オレンジベージュを選べばフレッシュ感を演出! リップラインをはっきりさせると大人っぽくなってしまうので、ラインを描かず、ふんわりした雰囲気を残しましょう。


【メイク直しで変身】
メイクと前髪で横のラインを強調!大人かわいい優しい雰囲気に

横ラインを強調してふんわり優しく女性らしい雰囲気に

横ラインを強調してふんわり優しく女性らしい雰囲気に

髪型は前髪があるほうが若々しく見え、面長をカバーする効果もあります。また髪色も真っ黒よりも茶色が◎ 耳を出すとアクティブさが演出できますよ。

けっして無理はしない、余裕を感じさせる大人かわいいメイクが完成です。 チークやハイライトを真横、眉もナチュラルに横のラインを強調することで、シャープで近寄りがたい印象から、ふんわりと女性らしく優しい雰囲気に変身しました!


使用したコスメ

使用したコスメ

使用したコスメ

(写真、左から順に)
■チーク 
資生堂 マキアージュ ドラマティックムードヴェール RD100 3500円(税抜)
■アイシャドウ
サナ エクセル ファイブレイヤーズシャドウ N FS02 1700円(税抜)
■グロス 
資生堂 インテグレート ガールズキッスジェリーPK100 800円(税抜)
■口紅  
資生堂 マキアージュ ドラマティックルージュPK433 3000円(税抜)




変身メイク関連記事




※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。
※個人の体質、また、誤った方法による実践に起因して肌荒れや不調を引き起こす場合があります。実践の際には、必ず自身の体質及び健康状態を十分に考慮し、正しい方法で行ってください。また、全ての方への有効性を保証するものではありません。