今回はこんな質問が届きました
「ファンデーションに頼らず、若々しくキレイに見せる大人メイクのやり方は?」

Q. 昔はリキッド派で、CCも使用しましたが、数年前から脱ファンデーションです。石けんで落とせ、毛穴落ちしないのがいいのですが、どんなものを使ったらいいでしょう?どれも高いので失敗したくありません。また、ほうれい線や目のクマも気になります。若々しくシンプルでキレイなカジュアルが好きです。大人のナチュラルメイクについてアドバイスして下さい!(50代・会社員)



A CCより軽い仕上がりの肌に優しいミネラルファンデーションがおススメ。トライアルセットでまず試してみては?

若々しくてシンプルで大人に似合うメイクは?

若々しくてシンプルで大人に似合うメイクは?

基本、ファンデーションが好きではないのでしょうね。若々しくシンプル、キレイめカジュアルが好きということなので、きっと肌本来の生っぽさを生かした軽い仕上がりが好みで、「メイクしました」っていう感じはおイヤなのでしょう。ただ、ほうれい線やクマなどは気になる、つまりカバーしたいところもあるわけですよね? さらに、毛穴落ちを防ぎたい、そして石けんで落としたい。これらのご希望をふまえて、「ミネラルファンデーション」はいかがでしょうか?

ミネラルファンデーションは、合成着色料などを一切使用せず、厳選された成分のみで作られたミネラル100%のファンデーション。肌に負担をかけず、つけたまま眠れるというのがウリです。ミネラルに含まれる光の拡散成分で、気になる肌の欠点も視覚的にカバーしてくれます。名前こそファンデーションとついていますが、これがいちばんお好みに近いのでは? しかも、ミネラルファンデーションは、お試しできるトライアルセットというのがけっこう出ています。それなら、リスクは低いでしょう。

ちなみに、隠したいほうれい線やクマは、大人になるとどうしても出てくるのがお悩みポイント。これは顔の凹みによる影です。大人になると、どうしても顔の中の影が増えてくるので、ここをカバーしないで脱ファンデーションだけとなると厳しいかも。お好みのナチュラルな感じではなく、すっぴんで疲れた人になってしまいます。

上手に隠すコツは、ほうれい線やクマの上に塗り過ぎないこと。カバーしたいからとつけすぎて、ほうれい線のみぞに粉がたまってしまったり、クマが悪目立ちしてはかえって老けて見えちゃいます。薄く~何となくカバーできて、目立たなくなっていればいいかな? という仕上がりを目指してね! それから、クマに関してはミネラルファンデーションではキレイにカバーできないのが現実。もし気になるようなら、ミネラルファンデとは別に、目元用のコンシーラーをごく薄く塗ってカバーすることをおすすめします。

使い方としては、クマ全部を面で蓋のように隠さず、クマの外側の色の境目、もしくは凹んでる線の溝あたりだけ明るくして、肌色になじんで見えるようにします。これがいちばん自然です。

最後に、大人のナチュラルメイクのワンポイントアドバイス。大人は顔がぼやけて、顔の中の、「白「黒」「赤」の存在感が薄まってきます。キレイな肌の白、眉やまつ毛など、瞳まわりの黒、唇や頬の血色の赤の3色が弱くなる。なので、ベースメイクをした後に、少し黒と赤を意識してメイクするといいですよ。例えば、マスカラでまつ毛を黒々とさせる、チークで頬に血色感を出す。やり過ぎはダメですが、さり気なくこの色が効いているとぐんと若々しく見えますからね。ナチュラルな肌に仕上げたら、こちらもぜひ気にかけてメイクしてみて下さいね!

山本浩未さんのおすすめアイテム

オンリーミネラルundefined薬用ホワイトニングファンデーションundefinedデビューセット

オンリーミネラル 薬用ホワイトニングファンデーション デビューセット

ミネラル100%でつけたまま眠れるほどの有効成分。気軽に試せるトライアルセットはいかが?

刺激原因となりうる成分をとことん排除し、100%ミネラル成分配合でできた、専用ブラシでつけるパウダーファンデ。ミネラルに含まれる光の角散成分が皮脂と混ざりあい、シミやくすみ、毛穴など肌の欠点も自然にきちんとカバー。つけているだけで美白効果も期待。ミネラルファンデはシリコンを含まないのでオフも石けん洗顔でOK。こちら、薬用ホワイトニングファンデーション(医薬部外品)、デビューブラシ、ファーミングソープの3つセットでお手頃価格。オンリーミネラル 薬用ホワイトニングファンデーション デビューセット/1900円(税抜)/ヤーマン


 

山本浩未さん プロフィール
さまざまなメディアで大人気のヘア&メイクアップアーティスト。取り入れやすいメイクテクが、幅広い年代の女性に支持される秘密。


※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。
※個人の体質、また、誤った方法による実践に起因して肌荒れや不調を引き起こす場合があります。実践の際には、必ず自身の体質及び健康状態を十分に考慮し、正しい方法で行ってください。また、全ての方への有効性を保証するものではありません。