ワープロソフト Writerの強化ポイント

ワープロソフト Writerの主な強化ポイントは次のとおりです。
  • 新しい描画キャンバスを追加
  • レイアウトオプションに「本」のレイアウトを追加
  • 水平線の表示に対応
  • コンテンツコントロールに対応
  • PDFファイルの閲覧に対応
  • インク読込に対応 
「新しい描画キャンパス」と「レイアウトオプション」は互換性の向上です。次のように、図形を挿入するとき「新しい描画キャンバス」を選択できて、画像や図形のレイアウトで「本のレイアウト」を指定できるようになりました。Word 2016と同じ機能が用意されたので、さらに互換性がアップしたわけです。
 
図形の挿入メニューに[新しい描画キャンバス]という機能が用意されています

図形の挿入メニューに[新しい描画キャンバス]という機能が用意されています

 
画像や図形のレイアウトで「本のレイアウト」が指定できます

画像や図形のレイアウトで「本のレイアウト」が指定できます


「水平線の表示に対応」と「コンテンツコントロールに対応」も互換性向上です。文字どおり、水平線の表示が可能になり、コンテンツコントロールの表示・作成もできるようになりました。コンテンツコントロールとは、文書中に配置できる入力フォームや選択ボックスなどのことです。なお、コンテンツコントロールに対応しているのはVBA対応版のみです。

注目したいのは、PDFファイルの閲覧対応とインク読込への対応でしょう。Writerでは、PDFファイルを直接読み込んで表示できるようになりました。ただし、編集はできません。また、Word 2016のインク機能で書かれた手書きの線を表示できるようになりました。ただし、表示できるだけで、手書きの線を書き込むことはできません。
 
PDFファイルを読み込んで表示できます。ただし編集はできません

PDFファイルを読み込んで表示できます。ただし編集はできません

 
Word 2016のインク機能で挿入された手書きの線を表示できるようになりました。ただし、インク機能は用意されていないので手書き線を書き込むことはできません

Word 2016のインク機能で挿入された手書きの線を表示できるようになりました。ただし、インク機能は用意されていないので手書きの線を書き込むことはできません


表計算ソフト Spreadsheetsの強化ポイント