Microsoft Officeの互換ソフト「KINGSOFT Office」が2016になって新登場

キングソフトのKINGSOFT Office 2016

キングソフトのKINGSOFT Office 2016

2016年2月25日、キングソフトからMicrosoft Officeの互換ソフト「KINGSOFT Office 2016(WPS Office)」 が発売されました。約2年半前の記事「キングソフトオフィス 2013」レビュー で紹介したソフトの最新版になります。

※2016年11月に「KINGSOFT Office」は「WPS Office」にリブランドしました。無料で移行することができます。WPS Officeは、名前以外はそれほど変わっていません。ところが、本家のMS Officeの方は、けっこう変わりました。「KINGSOFT Office」と「WPS Office」の比較については記事「WPS OfficeはMS Officeの代わりになるか?」で補足しています。あわせてご覧ください。

ワープロの「Writer」、表計算ソフトの「Spreadsheets」、プレゼンソフトの「Presentation」の3つのソフトで構成され、3つのソフトが含まれた「Standard版」をベースに、29書体のフォントが追加された「フォント同梱版」、プログラミング言語のVBAに対応した「VBA対応版」などが用意されています。

本記事では、以下のような内容で、最新の「KINGSOFT Office 2016(WPS Office)」をレビューします。

<目次>  

Microsoft Office互換ソフトの最新バージョン、その互換性のほどは?

「KINGSOFT Office 2016(WPS Office)」は、3つのソフトともに大幅に機能強化されていますが、やはり最大のポイントは互換性の強化です。Microsoft Office 2007から採用された「docx」「xlsx」「pptx」の新しいファイル形式に完全対応し、読込・保存が可能になっています。

といっても、実際の互換性はかなり使い込まないとわからないのも事実で、即断はできません。そこで、ひとまず、Microsoft Word 2016/Excel 2016/PowerPoint 2016のテンプレートの中からレイアウトが複雑なものを選んで、KINGSOFT Office 2016の各ソフトに読み込んでみました。レイアウトが崩れるかと思ったのですが、かなり正確に再現できているのがわかると思います。
 
Microsoft Word 2016での表示です

Microsoft Word 2016での表示です

 
Writerでの表示です。レイアウトはほぼ完璧に再現されています

Writerでの表示です。レイアウトはほぼ完璧に再現されています

 
Microsoft Excel 2016での表示です

Microsoft Excel 2016での表示です

 
Spreadsheetsでの表示です。スパークラインは表示されていませんが、表のデータやデザインは維持されています

Spreadsheetsでの表示です。スパークラインは表示されていませんが、表のデータやデザインは維持されています

 
Microsoft PowerPoint 2016での表示です

Microsoft PowerPoint 2016での表示です

 
Presentationでの表示です。違いを見つけるのが難しいくらいです

Presentationでの表示です。違いを見つけるのが難しいくらいです



以降では、3つのアプリ共通の強化ポイントとアプリごとの強化ポイントについて、細かくチェックしていきます。そして最後に、「KINGSOFT Office 2016(WPS Office)」の効果的な使い方について、私の考え方を述べたいと思います。

Writer、Spreadsheets、Presentation共通の強化ポイント