iPhoneは、セキュリティレベルも時代の先端

iPhoneには完成されたウイルス対策が施されている

iPhoneには完成されたウイルス対策が施されている

そもそも、iPhoneにはウイルススキャンをしたり、ウイルスの侵入をブロックしてくれるような、世間一般で言うところのウイルス対策ソフトが存在しません。

というのも、iPhoneにはウイルス対策ソフトが入り込む余地がないほどの、完成されたウイルス対策が既に施されているのです。実際のところとして、ウイルス感染しないデバイスと表現して過言ではないでしょう。

そうなると、標的型ウイルスで情報漏えいが絶えない昨今ですから、仕事でもプライベートでもiPhone・iPadをメインに使ったら良いかな、と考える方が増えて当然です。ところが、どうやら問題もありそうです。

それは、ウイルス感染しないデバイスを手に入れたなら、情報漏えいや金銭被害といったセキュリティ事件はなくなるのかどうか、ということです。これは一歩も二歩も進んだ次のステージのウイルス対策として、しっかりと考えたいテーマです。

そこで今回はウイルス感染をしないiPhoneを使って、これからのウイルス対策を考えましょう。

iPhoneがウイルス感染しない理由

iPhoneには完成されたウイルス対策が施されています。その対策の中でもっとも注目したいのは、ウイルスに遭遇しない仕組みと、ウイルスに感染しても無効化する仕組みです。

まずウイルスに遭遇しない仕組みとしては、iPhoneにインストールできるアプリがApp Storeに限定されているということです。そのため、PCウイルスのようなメールの添付ファイルを間違えて開いてウイルス感染してしまったという事故は起こりませんし、Androidのようなネットで見つけた野良アプリでウイルス感染といった事故も起こりません。

またウイルス感染しても無効化する仕組みとしては、アプリの活動をiPhoneが制限している、というものです。具体的には、どのようなアプリであっても、システムや他のアプリ、データにアクセスすることができないように、封じ込まれた状態になっています。

極端な話、ウイルス対策ソフトでもシステムや他のアプリやデータにアクセスすることができない、封じ込まれた状態です。ウイルススキャンもできません。もちろん、それくらい強力ですから、ウイルスも活動が封じ込まれます。万が一の感染でも、システムが壊されたり、保存されている画像といったプライバシーにアクセスし、漏えいすることはありません。

その他にも、システムの改ざんを検出したり情報を暗号化したりと、iPhoneにはてんこ盛りのウイルス対策が施されています。

このように死角のないiPhoneですが、なぜウイルス対策ソフトが必要なのでしょう。