iPhone・iPadは、セキュリティレベルも時代の先端!

iPhoneには完成されたウイルス対策が施されている

iPhoneには完成されたウイルス対策が施されている


そもそも、iPhoneにはウイルススキャンをしたり、ウイルスの侵入をブロックしてくれるような、世間一般で言うところのウイルス対策ソフトが存在しません。というのも、iPhoneにはウイルス対策ソフトが入り込む余地がないほどの、完成されたウイルス対策が既に施されているのです。実際のところとして、ウイルス感染しないデバイスと表現して過言ではないでしょう。

そうなると、標的型ウイルスで情報漏えいが絶えない昨今ですから、仕事でもプライベートでもiPhone・iPadをメインに使ったら良いかな、と考える方が増えて当然です。ところが、どうやら問題もありそうです。

それは、ウイルス感染しないデバイスを手に入れたなら、情報漏えいや金銭被害といったセキュリティ事件はなくなるのかどうか、ということ。これは一歩も二歩も進んだ次のステージのウイルス対策として、しっかりと考えたいテーマです。そこで今回はウイルス感染をしないiPhoneを使って、これからのウイルス対策を考えましょう。
   

iPhoneやiPadがアプリからウイルス感染しない理由

iPhoneには完成されたウイルス対策が施されています。その対策の中でもっとも注目したいのは、ウイルスに遭遇しない仕組みと、ウイルスに感染しても無効化する仕組みです。まずウイルスに遭遇しない仕組みとしては、iPhoneにインストールできるアプリがApp Storeに限定されているということです。そのため、PCウイルスのようなメールの添付ファイルを間違えて開いてウイルス感染してしまったという事故は起こりませんし、Androidのようなネットで見つけた野良アプリでウイルス感染といった事故も起こりません。

またウイルス感染しても無効化する仕組みとしては、アプリの活動をiPhoneが制限している、というものです。どのようなアプリであってもシステムや他のアプリにアクセスすることができないように、封じ込まれた状態になっています

極端な話、ウイルス対策ソフトでもシステムや他のアプリにアクセスすることはできません。そのため、ウイルススキャンも不可能です。万が一、ひとつのアプリが感染した場合も、保存されている画像などのプライバシーにアクセスし漏えいしてしまうことはありません。その他にも、システムの改ざんを検出したり情報を暗号化したりと、iPhoneにはてんこ盛りのウイルス対策が施されています。
 

iPhoneは、セキュリティ製品ではない! iPhone・iPadにもウイルス対策のセキュリティアプリ・ソフトが必要な理由

とはいえ、iPhoneにもウイルス対策ソフトが必要です。なぜなら、iPhoneはセキュリティを提供する製品ではないためです。そこはウイルス対策ソフトでセキュリティ機能をプラスしてあげる必要があります。

たとえば、日本で有名なワンクリック詐欺はiPhoneでも不正請求画面をしつこく表示します。ウイルス?と思うかもしれませんが、実はウイルスではありません。Webブラウザの機能を使って、不正請求画面のホームページをしつこく表示しているだけです。

つまりウイルスではない、単なるホームページになってしまうと、iPhoneではブロックできません。またフィッシング詐欺といった偽サイトもそうです。騙されてしまい、うっかり住所や氏名といった個人情報を入力したり、パスワードを入力するといった行為を、iPhoneではブロックできません。
 
iPhone セキュリティ iPad  フィッシング詐欺

よく使うサービスになりすまし、クレジットカードの情報を盗むことも 出典:フィッシング対策協議会


そしてウイルス感染しないiPhoneというデバイスを手にしても、不正請求などの金銭被害や、個人情報の漏えいは、もう実際に起きているのです。餅は餅屋ではありませんが、足りないセキュリティ機能をウイルス対策ソフトでプラスしてしっかりと守る必要があります。それと正しい知識と油断しない心、というセキュリティ・リテラシーも大切です。これらが次のステージのウイルス対策で重要なポイントになるでしょう。

なお、HTML5という新しいホームページの規格の登場で、Webブラウザで動作するアプリが作れるようになりました。アプリと言ってもホームページです。ホームページになってしまうとiPhoneはブロックしてくれませんし、App Storeの監視もありません。今後、ワンクリック詐欺やフィッシング詐欺、その他のネットトラブルもアプリ化してしまったら……被害が爆発的に増加してしまうような悪い予感がします。

フィッシング詐欺がどのようなものかは「Amazonのログイン画面を偽装!フィッシング詐欺に注意」「狙われるネット銀行、フィッシング詐欺からどう守る?」の記事でもご紹介しています。
 

具体的にどのようなウイルス対策があるの? 専門家おすすめのiOS用ソフト・アプリ

iPhoneのウイルス対策にセキュリティをプラスする、ウイルス対策ソフトがあります。ちなみに、ウイルス対策ソフトと表現すると、ウイルススキャンをしたり、ウイルスの侵入をブロックしてくれる総合製品をイメージしてしまいます。なので、ここではセキュリティ補完ソフトとでも名付けましょうか。

Kaspersky Safe Browser
Kaspersky Safe Browserを使ってみたところ、Safariと同じ画面で使いやすい

Kaspersky Safe Browserを使ってみたところ、Safariと同じ画面で使いやすい


iPhoneのセキュリティでまずプラスしたいのは、ホームページを閲覧するWebブラウザです。Kaspersky Safe Browserという無料のセキュリティWebブラウザがあります。ちなみに、そのブラウザを提供するカスペルスキー社の製品は評価の高い優れたウイルス対策ソフトとして長年の実績があります。このセキュリティ補完ソフトの特徴として、ホームページ閲覧中にワンクリック詐欺のような危険サイトや個人情報やパスワードを収集するフィッシング詐欺サイトへアクセスしても遮断してくれます。

Kaspersky Safe Browser |アプリダウンロード

マカフィー モバイル セキュリティウイルスバスター モバイル
iPhone ウイルス対策 セキュリティアプリ おすすめ マカフィー モバイル セキュリティ

マカフィー モバイル セキュリティ


その他、ウイルス対策ソフトの「マカフィー」と「ウイルスバスター」は、盗難、紛失対策機能をプラスしたセキュリティ補完ソフトです。iPhoneは不思議なことに、バージョンアップのたびにパスコードロックを迂回するバグが発見されたりします。うっかり紛失すると、保存してあるデータを覗かれてしまう可能性もあります。写真などのプライバシー漏えいが心配という方は、利用してみたいところですね。ちなみに両製品ともに評価の高い優れたウイルス対策ソフトとして長年の実績があります。

マカフィー モバイル セキュリティ|アプリダウンロード
ウイルスバスター モバイル |アプリダウンロード
 

セキュリティを強化するにはスマホの設定にも要注意!

さいごに、iOSが最新のバージョンではないなど、状況によってはセキュリティに穴ができてしまうことも。詳しくは「iPhoneをウイルスから守る3つの対策」をあわせてご覧ください。

【関連記事】
iPhone(Apple ID)が乗っ取られたらどうする

※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。
※OSやアプリ、ソフトのバージョンによっては画面表示、操作方法が異なる可能性があります。