PDF作成・編集ソフト選びのポイント

PDF作成・編集ソフト選びのポイントは?

PDF作成・編集ソフト選びのポイントは?

いまやPDFファイルは、さまざまなところで使用されています。もともとはアメリカのアドビシステムズ社が開発した文書ファイルのフォーマットですが、Adobe Acrobat Reader DCという無料ソフトをインストールすれば、WindowsやMacintosh、スマートフォンなどのさまざまなOS・機器で表示できるため広く普及し、いまでは文書をやりとりする際の標準的なフォーマットとなっています。

PDFファイルの作成も年々簡単になり、現在では無料ソフトだけでも多くのことが可能になっています。ただし、PDFの文字そのものを編集したり、入力用のフォームを持つPDFファイルを作ったりする場合は、有料ソフトが必要になります。また、しっかりとしたサポートが必要な場合も、有料ソフトの方が安心です。

そこで本記事では、大きく無料ソフトと有料ソフトに分けて、主なPDF作成・編集ソフトをご紹介したいと思います。取り上げるソフトは次のとおりです。

【無料ソフト編】
1.Microsoft Office
2.Adobe Acrobat Reader DC
3.Cube PDF
4.Foxit Reader
 
【有料ソフト編】
5.Adobe Acrobat Standard/Pro DC
6.JUST PDF 3
7.いきなりPDF
8.瞬間PDF統合版 10


1.Microsoft Office(無料)
標準でPDFファイルを作成できる

いきなりマイクロソフト社のOfficeを取り上げて、びっくりされた方がいるかもしれませんが、最新のOfficeソフトのうち、ワード/エクセル/パワーポイントには、PDFファイルを作る機能が標準で用意されています。したがって、OfficeファイルからPDFファイルを作るなら、わざわざ新しいソフトを購入する必要はありません(そのため、無料ソフトに含めました。Officeそのものは無料ではないので念のため)。

PDFファイルを作るには、ファイルを保存するとき、ファイルの種類で「PDF」を選ぶだけです。また、ワードでは、PDFファイルを読み込むこともできます。この場合は、PDFファイルがワードの形式に変換されて読み込まれます。

▼ 保存するときにファイル形式で「PDF」を選択すれば、OfficeファイルをPDFファイルとして保存できます。
保存するときにファイル形式で「PDF」を選択すれば、OfficeファイルをPDFファイルとして保存できます

保存するときにファイル形式で「PDF」を選択すれば、OfficeファイルをPDFファイルとして保存できます



2.Adobe Acrobat Reader DC(無料)
PDFの作成はできないが、コメントやマーカーは追加できる

本家のアドビシステムズ社から無料で提供されるのが、Adobe Acrobat Reader DCです。基本的にはPDFファイルを表示するソフトですが、コメントやマーカーを追加することも可能です。

本家のソフトだけに、安心して利用できるのもメリットです。PDFファイルを扱うなら、まずは入れておきたいソフトといえます。

ただし、PDFファイルを作る機能はありません。また、PDFファイルの文字や画像を直接書き換える機能も用意されていないので、これらの機能が必要な場合は、他の無料/有料ソフトが必要になります。

▼Adobe Acrobat Reader DC。PDFファイルの本家であるアドビシステムズ社から無料提供されているソフトです。PDFファイルの表示だけでなく、コメントやマーカーも追加できます。
Adobe Acrobat Reader DC。PDFファイルの本家であるアドビシステムズ社から無料提供されているソフトです。PDFファイルの表示だけでなく、コメントやマーカーも追加できます

Adobe Acrobat Reader DC


Adobe Acrobat Reader DCのホームページ
Adobe Acrobat Reader DCのホームページ

Adobe Acrobat Reader DCのホームページ



3.Cube PDF(無料)
機能ごとに多様なフリーソフトを用意

Cube PDF(キューブ ピーディーエフ)は、定評のある無料のPDFファイル作成ソフトです。印刷と同じ手順でPDFファイルを作成できるので、あらゆるデータをPDFファイルに変換することができます。

Cube PDFの特徴は、機能ごとにさまざまな無料ソフトが用意されていることです。PDFをページごとに分割したり、複数のPDFファイルを1つにまとめたりする「Cube PDF Page」、PDFファイルから画像だけを抜き出す「Cube PDF ImagePicker」など、複数のソフトを使い分けることで、さまざまな処理ができます。どれも無料なので、無料でいろいろ試したい方にはおすすめです。

▼Cube PDF。機能ごとにいろいろな無料ソフトが用意されています。下の画面は、PDFファイルを作成する「Cube PDF」です。
Cube PDF。機能ごとにいろいろな無料ソフトが用意されています。

Cube PDF。機能ごとにいろいろな無料ソフトが用意されています。


Cube PDFのホームページ
Cube PDFのホームページ

Cube PDFのホームページ



4.Foxit Reader(無料)
表示・作成から簡単な編集までできる総合PDFツール

Foxit Reader(フォックスイット リーダー)も、無料で利用できるPDFソフトとして、よく知られた存在です。PDFファイルを表示する独自のエンジン(表示するためのプログラム)を持ち、本家のAdobe Acrobat Reader DCよりもPDFファイルを高速に表示できると評価されています。

機能も豊富で、PDFファイルの表示やコメント・マーカーの追加だけでなく、PDFファイルの作成もできます。また、Officeのようなリボンを採用しているので、Officeユーザーにも使いやすいでしょう。

PDFファイルを作成できるのは、本家のAdobe Acrobat Reader DCにないメリットで、PDFファイルの表示用としても優れています。Adobe Acrobat Reader DCが使いづらいようなら、Foxit Readerをメインで利用してもよいと思います。

▼Foxit Reader。無料で利用できる多機能なPDFソフト。PDFファイルの表示・作成から簡単な編集までできます。
Foxit Reader。無料で利用できる多機能なPDFソフト。PDFファイルの表示・作成から簡単な編集までできます

Foxit Reader。無料で利用できる多機能なPDFソフト。PDFファイルの表示・作成から簡単な編集までできます


Foxit Readerのホームページ
Foxit Readerのホームページ

Foxit Readerのホームページ



5.Adobe Acrobat Standard/Pro DC(有料)
価格は高いが仕事でPDF編集するなら不可欠

アドビシステムズ社が提供する本格的なPDF編集ソフトです。PDFの表示・作成ができるのはもちろんですが、PDFの文字や画像を直接編集したり、入力用のフォーム付きPDFファイルを作成したりできます。本家のPDF編集ソフトですので、仕事でPDFを編集する必要があるなら、ぜひ用意しておきたいソフトです。

なお、マイクロソフトのOfficeと同様に、月額で支払うサブスクリプション版とパッケージ版があるので注意が必要です。サブスクリプション版は、以下の2つがあります。
  • Acrobat Standard DC……1,380円/月(税別)
  • Acrobat Pro DC……1,580円/月(税別) 
また、パッケージ版としては、「Acrobat Standard 2017」と「Acrobat Pro 2017」の2種類が販売されています。こちらは、購入したら永続的に使用できますが、サブスクリプション版のように機能が強化されることはありません。なお、いずれも「Pro」の方が「Standard」より機能が多くなっています。

Adobe Acrobat DCのホームページ
Adobe Acrobat DCのホームページ

Adobe Acrobat DCのホームページ



6.JUST PDF 3(有料)
個人向けと法人向けに多彩なラインナップを用意

「JUST PDF 3」は、一太郎で知られるジャストシステムが開発している有料のPDF編集ソフトです。低価格でありながら、Adobe Acrobat Standard/Pro DCのような高度な編集機能を持っているのが特徴です。

個人向けと法人向けの製品ラインナップを持ち、シンプルな単機能版から高度な編集が可能な上位版まで用意されているのも特徴です。高度な編集機能を持つ上位版では、PDFの文字・画像を直接編集できるのはもちろん、フォームの作成、レイヤー機能、暗号化などの機能も用意されています。

ジャストシステムが提供していることから、しっかりとした日本語でのサポートが利用できるPDF作成・編集ソフトを利用したい方にも、おすすめできる製品です。

JUST PDF 3のホームページ
JUST PDF 3のホームページ

JUST PDF 3のホームページ



7.いきなりPDF(有料)
低価格&手軽に利用できる4製品を提供

「いきなりPDF」は、ソースネクストが提供しているPDF作成・編集ソフトです。機能の多い順に「COMPLETE」「STANDARD」「BASIC」「TO DATA」の4製品が提供されています。最も高機能な「COMPLETE」は、PDFの文字・画像を直接編集できますが、約1万円と低価格なのも魅力です。

どちらかというと個人をターゲットにしている製品で、画面デザインも使いやすさや親しみやすさを重視している印象です。手軽に利用できますので、フリーソフトではちょっと不安という個人の方に向いていると思います。

いきなりPDFのホームページ
いきなりPDFのホームページ

いきなりPDFのホームページ



8.瞬間PDF統合版 10(有料)
5つのソフトを1つにまとめた総合PDF作成・編集ソフト

アンテナハウスが開発・提供しているPDF作成・編集ソフトが「瞬間PDF統合版 10」です。これは、以下の5つの製品が1つにまとめられた製品となります。
  • 瞬簡PDF 作成 8……PDF作成
  • 瞬簡PDF 編集 7……PDF直接編集
  • 瞬簡PDF 変換 9……PDF→Office変換
  • 瞬簡PDF OCR……スキャナ取込データをOCRでOfficeファイルやPDFファイルに変換
  • 瞬簡PDF 書けまっせ 7……PDFに文字追加 
それぞれを単体で購入することもできますので、必要な機能が明確な場合は、特定の製品を選択してもよいでしょう。

開発元のアンテナハウスは、PDF関連のソフト開発では歴史・実績のある企業なので、個人はもちろん、法人でも安心して利用できると思います。

瞬間PDF統合版 10のホームページ
瞬間PDF統合版 10のホームページ

瞬間PDF統合版 10のホームページ




※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。
※OSやアプリ、ソフトのバージョンによっては画面表示、操作方法が異なる可能性があります。