Microsoft Office 365とは?

Office 365とは?

Office 365とは?


最近は、マイクロソフトのOfficeを購入するとき、「Office 365(おふぃすさんろくご)」という言葉を聞くようになりました。これはいったい何でしょうか? 結論から先に書くと、「Office 365」はクラウド型のOfficeに付けられたブランド名です。

これまでのOfficeは「買い切り型」でした。一度購入したら、以降は料金を支払わなくてもずっと利用できたわけです。一方、クラウド型のOfficeは、毎月または毎年、一定額の料金を支払うことで継続的に利用できます。これを「サブスクリプション型」と呼びます。

このサブスクリプション型で販売されるOfficeのことを、マイクロソフトは「Office 365」と呼んでいます。よくあるのは、「Office 365」という製品(モノ)があるという勘違いです。そうではなくて、月払いや年払いで提供されるサービスに、マイクロソフトは「Office 365」という言葉を付けている、と考えるとスッキリすると思います。

以降では、個人向けOfficeの選択方法を、以下の3つの観点からご紹介します(法人向けは別になるので注意してください)。
 
選び方の中で、「Office 365」というキーワードが出てきますが、それは製品ではなく、「月払いや年払いで提供されているサービス」ととらえてみてください。
 

プレインストール版Officeの選び方

プレインストール版の場合は、最初からOfficeが入っているので、パソコンを起動したらすぐにOfficeが使えます(現在は、Officeの最新版であるOffice 2019が利用できます)。このタイプのOfficeには、次のような特徴があります。

そのパソコンに限って、パソコンが壊れるまでずっと使える。
プレインストール版の最大のメリットは、何年でも継続してOfficeを使えることです。ただし、使えるのはインストールされているパソコンに限られるので、そのパソコンが壊れたらそれまでです。

なお、Office 2016の時代に発売されていた「Office Premium」搭載パソコンは、Officeが自動的に更新されて、つねに最新版を利用できました。また、大容量のOneDriveなどが利用できるOffice 365サービスを、パソコン購入後、1年間利用できました。

ただし、現在のOffice 2019のプレインストールされたパソコンでは、「Office Premium」は提供されず、Office 365サービスも付いていないので注意してください。つねに最新版のOfficeを利用し、大容量のOneDrive等も活用したい場合は、後述するOffice 365 Soloを検討してみてください。
 
プレインストール版Office 2019のページ

プレインストール版Office 2019のページ


以上が、プレインストール版の概要です。プレインストール版には、「Office Personal 2019」「Office Home & Business 2019」「Office Professional 2019」「Office Professional Academic 2019」の4種類があります。このうち、「Office Professional Academic 2019」は学生、教職員、教育機関向けで、他の3つが一般ユーザー向けとなります。違いは次の表を参照してください。
 
プレインストール版Office 2019の違い

プレインストール版Office 2019の違い

 

パッケージ版Officeの選び方

パッケージ版のOfficeは、オンラインショップや家電量販店などで購入できるOfficeのことです。ただし、売られているのは、たんなる番号です。購入した番号をOfficeのサイトで入力すると、プログラムが自動的にインストールされる仕組みです。パッケージ版には、次のような特徴があります。
 
  • 1人のユーザーが2台のWindows PCまたはMacにインストールして利用できる。
  • 仮にパソコンが壊れても、別のWindows PCまたはMacにインストールして使い続けられる。
  • Officeの新しいバージョンがリリースされても、新バージョンには無料で更新されない。

なお、マイクロソフトは「Office 365 Solo」という製品もパッケージ版に含めています。そして、「Office 365 Solo」だけは、他のパッケージ版とかなり性格が異なるので注意してください。特徴は次のとおりです。

<Office 365 Soloの特徴>
  • 月額または年額で利用料金を支払う。
  • すべてのデバイス(Windows PC/Mac/タブレット/スマートフォン)にインストールできる。
  • インストールは何台でもできる。ただし、同時にアクセスできるデバイスは5台まで。
  • 定期的に更新プログラムが配信され、つねに最新のOffice アプリケーションおよび機能を利用できる。 
私がOffice 365 Soloの最大のメリットだと思うのは、新しいバージョンがリリースされたら、無料で更新できることです。つねにOfficeの最新バージョンを利用できるので、サポートが終了する心配もありません。

また、同時に5台のデバイスで利用できるので、たとえば、Windows PC2台、Mac1台、iPhone1台、iPad1台で同時にOfficeを活用する、といったことも可能です。
 
Office 365 Soloのページ

Office 365 Soloのページ


以下は、Mac版も含めて、個人&家庭向けのパッケージの違いをまとめた表です。大きいので2つに分けました。大きい方がWindowsおよびMac両対応を含むパッケージ、小さい方がMacにのみ対応するパッケージです。価格は、マイクロソフトのサイトの税込み価格を記しました。

「Office Academic 2019 for Mac」「Office Professional Academic 2019」は学生、教職員、教育機関向けのパッケージとなります。価格はマイクロソフトのサイトで見つけられなかったので、Amazonで調べた価格を載せました。
 
パッケージ版Officeの一覧。価格はマイクロソフトのサイトで調べた税込価格

パッケージ版Officeの一覧。価格はマイクロソフトのサイトで調べた税込価格

 
パッケージ版Officeの一覧。価格はマイクロソフトのサイトで調べた税込価格

パッケージ版Officeの一覧。価格はマイクロソフトのサイトで調べた税込価格

         

Mac版Officeの選び方

MacでOfficeを利用するには、前述のパッケージ版でMacに対応したものを選ぶのがポイントです。具体的には、以下のパッケージになります(パッケージ版の表で「Mac」の項目に〇がついている4つです)。
 
  • Office 365 Solo
  • Office Home & Business 2019
  • Office Home & Student 2019 for Mac
  • Office Academic 2019 for Mac
       

けっきょく、どれがいちばんお得? 

ここまで、Office 365とOfficeの選び方を整理してみました。こうやって見ると、やはり「Office 365 Solo」が最もお得なのは間違いないようです。

いまや、IT業界はクラウドが全盛です。ソフトウェアを開発し、DVDなどにコピーしてマニュアル等とともに箱に入れて販売する昔ながらのパッケージ販売のビジネスは衰退し、インターネットでつながったコンピュータに最新のソフトウェアを提供し続けるクラウド型ビジネスが当たり前になりつつあります。

これはマイクロソフトも例外ではありません。「Office 365 Solo」は、こうしたクラウド型ビジネスを牽引する製品なので、最も力が入っているというわけです。といっても、それはマイクロソフト側の都合。ユーザーにはユーザーの都合がありますので、こうした業界の動向も確認したうえで、自分に最も適した製品を選ぶことが大切だと思います。

最後に、参考になりそうな関連サイトをまとめておきます。さらに詳しく調べたい方は、ご参照ください。

【関連リンク】
【関連記事】

※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。
※OSやアプリ、ソフトのバージョンによっては画面表示、操作方法が異なる可能性があります。