Microsoft Office 365とは?

Office 365とは?

Office 365とは?


最近は、マイクロソフトのOfficeを購入するとき、「Office 365(おふぃすさんろくご)」という言葉を聞くようになりました。これはいったい何でしょうか? 結論から書くと、「Office 365」はクラウド型のOfficeに付けられたブランド名です。

これまでのOfficeは「買い切り型」でした。一度購入したら、以降は料金を支払わなくてもずっと利用できたわけです。一方、クラウド型のOfficeは、毎月または毎年、一定額の料金を支払うことで継続的に利用できます。これを「サブスクリプション型」と呼びます。

このサブスクリプション型で販売されるOfficeおよび関連サービスのことを、マイクロソフトは「Office 365」と呼んでいます。よくあるのは、「Office 365」という製品があるという勘違いです。そうではなくて、月払いや年払いで提供されるサービスに、マイクロソフトは「Office 365」という言葉を付けている、と考えるとスッキリすると思います。以降では、個人向けのOfficeの選択方法を、以下の3つの観点からご紹介します(法人向けは別になるので注意してください)。
 
選び方の中で、「Office 365」というキーワードが出てきますが、それは製品ではなく、「月払いや年払いで提供されているサービス」ととらえてみてください。
 

プレインストール版Officeの選び方

プレインストール版の場合は、最初からOfficeが入っているので、パソコンを起動したらすぐにOfficeが使えます。このタイプのOfficeには、次のような特徴があります。
 
  • そのパソコンに限って、パソコンが壊れるまでずっと使える。
  • 定期的に更新プログラムが配信され、つねに最新の Office アプリケーションおよび機能を利用できる。

プレインストール版の最大のメリットは、何年でも継続してOfficeを使えることです。ただし、使えるのはインストールされているパソコンに限られるので、そのパソコンが壊れたらそれまでです。もう1つ注意したいのが、プレインストール版には「Office Premium」という特典が付いていることです。これは、購入後の1年間は、次の「Office 365サービス」が使えるという特典です。

<Office 365サービスの内容>
  • iPadやAndroid用のスマートフォンやタブレット用のOfficeの全機能を利用できる(商目的での利用も可能)。
  • マイクロソフトのオンラインストレージサービスであるOneDriveを1TB利用できる。
  • 毎月60分間までSkypeから友人や家族の携帯電話や固定電話に電話をかけられる。
  • テクニカルサポートが受けられる。

この「Office 365サービス」を2年目以降も継続して利用するなら、年間で6264円を支払う必要があります。
 
特典の「Office Premium」が付いているパソコンを「Office Premium 搭載PC」と呼びます。これはOffice Premium 搭載PCに関するページです

特典の「Office Premium」が付いているパソコンを「Office Premium 搭載PC」と呼びます。これはOffice Premium 搭載PCに関するページです
https://www.microsoft.com/ja-jp/office/homeuse/premium.aspx

 
Office 365サービスのページ

Office 365サービスのページ。
https://www.microsoft.com/ja-jp/office/homeuse/scenario/default.aspx


以上が、プレインストール版の概要です。プレインストール版には、以下の3種類があります。違いは利用できるソフトだけなので、必要なソフトが揃っているものを選択してください。
 
プレインストール版Office(価格はマイクロソフトのサイトのデータ)

プレインストール版Office(価格はマイクロソフトのサイトのデータ)

 

パッケージ版Officeの選び方

パッケージ版のOfficeは、オンラインショップや家電量販店などで購入できるOfficeのことです。ただし、売られているのは、たんなる番号です。購入した番号をOfficeのサイトで入力すると、プログラムが自動的にインストールされる仕組みです。パッケージ版には、次のような特徴があります。
 
  • 1人のユーザーが2台のパソコンにインストールして利用できる。
  • 仮にパソコンが壊れても、1人のユーザーで2台までなら、別のパソコンにインストールして使い続けられる。
  • Officeの新しいバージョンがリリースされても、新バージョンには無料で更新されない。

また、前述の「Office 365サービス」も利用できないので注意してください。なお、マイクロソフトは「Office 365 Solo」という製品もパッケージ版に含めています。ただし、「Office 365 Solo」は他のパッケージ版とは、かなり性格が異なるので注意してください。最大の特徴は、月額払い(または年額払い)であることです。次のような特徴があります。

※マイクロソフトは、2018年10月2日以降、「Office 365 Solo」のライセンス内容を大幅に見直し、インストールできる台数等を増やしました。以降の内容は、2018年10月2日以降に適用されます。

<Office 365 Soloの特徴>
  • すべてのデバイス(Windows PC/Mac/タブレット/スマートフォン)にインストールできる。
  • 同時に5つのデバイスにサインインして利用できる。
  • 定期的に更新プログラムが配信され、つねに最新のOffice アプリケーションおよび機能を利用できる。 

私がOffice 365 Soloの最大のメリットだと思うのは、新しいバージョンがリリースされたら、無料で更新できることです。つねにOfficeの最新バージョンが利用できるので、サポートが終了する心配もありません。また、10月2日以降、ライセンスが緩和されたことも大歓迎です(以前は2台のデバイスにしかインストールできませんでした)。
 
Office 365 Soloのページ

Office 365 Soloのページ
https://products.office.com/ja-jp/office-365-solo

 
パッケージ版Office(価格はマイクロソフトのサイトのデータ)

パッケージ版Office(価格はマイクロソフトのサイトのデータ)

   

Mac版Officeの選び方

MacのOfficeはパッケージ版だけとなります。前述のOffice 365 Soloであれば、Macにもインストールして利用できます。Office 365 Soloの特徴は、前のページで述べたとおりです。「Office Home & Student 2016 for Mac」と「Office Home & Business 2016 for Mac」の違いは、Ourlookが使えるかどうかだけです。Outlookが不要なら「Home & Student」、必要なら「Home & Business」を選んでください。
 
Mac版Office(価格はマイクロソフトのサイトのデータ)

Mac版Office(価格はマイクロソフトのサイトのデータ)

 
最後に、参考になりそうな関連サイトをまとめておきます。さらに詳しく調べたい方は、ご参照ください。

【関連リンク】
【関連記事】

※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。
※OSやアプリ、ソフトのバージョンによっては画面表示、操作方法が異なる可能性があります。