生姜を新鮮なまま使い切る保存方法とは?

生姜の保存

生姜を上手に保存する方法、気にしたことありますか?

薬味に、料理に、下ごしらえ! 使い道は多いものの、一度に少ししか使わない生姜。保存状態がよくないと、使い切るまえに悪くなってしまうので、正しく保存したいものですね。生姜は寒さと乾燥に弱い野菜なので、気にかけてあげないと新鮮なまま使いきるのが難しいものです。ではどうやって保存すればいいと思いますか?

生姜に適した温度は15度前後、湿度は90%です。暑い場所で作られる生姜ですが、実は暑い場所が苦手なのです。生姜に適した温度と湿度で保存してあげることが大事です。定番の保存方法は「湿らせたキッチンペーパーか新聞紙に包んでの常温保存」「水に浸しての冷蔵保存」なのですが、理由が分かれば納得ですね。

ちなみに夏場は、暑いので野菜室で保存を! また、新生姜はここで紹介している生姜とは保存方法が違います。こちらの記事で新生姜の保存について触れていますので、参照してください。
>>薬味野菜(大葉・万能ねぎ・生姜・みょうが)の保存方法


 

保存状態でどれだけ変わるもの? 生姜の鮮度を比べてみよう!

生姜の保存

右から(A)、(B)、(C)、(D)、(E)です

ここでは5パターンの保存方法で、10日後の生姜の鮮度の落ち方を比べてみました。見た目、切り口、すりおろした状態で比較をしています。ポイントは皮の乾燥具合切り口の繊維感すりおろしやすさです。

(A)常温で放置 → 皮がしなしなに。切り口の水分が減って、変色しているように見える。果肉が固くて、繊維質が多いので、すりおろしにくい。

(B)常温でキッチンペーパーにくるんで保存 → 皮が乾燥している。切り口は水分が減っており、繊維質が目立ち始めている。すりおろすときも、水分が少ないのですぐ折れる。

(C)冷蔵庫にビニール袋に入れて保存 → 皮はみずみずしいものの、切ったときに果肉に変色がみられる。すりおろしたものも他と比べて色が暗い。(低温障害が始まっていると思われる)

(D)常温で湿らせたキッチンペーパーと新聞紙にくるんで保存
 → 皮は少々乾燥している。果肉は鮮度が保たれており、柔らかく、繊維質は目立たない。すりおろすときもスムーズ。

(E)水に浸けて保存
 → 皮も果肉もみずみずしい。すりおろすと、果汁が一番多い。


生姜は正しく保存しないと、こんなに損!

生姜の保存

こんな風にして常温保存しておりました

乾燥・低温の環境に置いた生姜はおいしさが激減してしまうことが分かりましたね。乾燥した生姜は、皮を剥くとき、厚めにむかないとみずみずしい果肉が出てきません。本来なら皮付近に栄養が多く含まれているので、ちょっともったいないですね。また、包丁で切ったときも固く、繊維質がガリガリしています。さらに、すりおろすと、水分が少ないため固くて、すぐ折れてしまいます。

短期間の保存であれば、冷蔵保存しても大丈夫そうです。その場合は、10日以内に使いきるようにしましょう。

湿らせたキッチンペーパーと水に浸ける方法は、長期間の保存ができそうです。次のページで詳しく解説したいと思います。

※ここでは風味を保つため、丸ごとの生姜の保存について紹介しています。冷凍保存については触れておりません。

2ページ目 >> 知っておきたい生姜の保存方法3パターン