生姜(しょうが)の保存

生姜

生姜は寒さが苦手なので夏以外は常温保存です。

湿気があるとカビたり、腐ったりしやすい反面、乾燥しすぎてもいけないデリケートな野菜です。寒さが苦手で、10度以下で保存すると低温障害を起こして、柔らかくなってしまうので注意が必要です。

常温保存
  • 泥つきを新聞紙で包んで常温保存するのが最も理想的です。1ヶ月以上保存できます
  • 表面が乾燥しないよう、硬くしぼったキッチンペーパーに包み、さらに新聞紙に包んで常温で保存します。1ヶ月くらいで使いきります。
  • 夏場は室内が暑いので野菜室で保存するようにします。
冷凍保存
  • 刻んだものをラップで小分けに包み、密閉容器か袋に入れて冷蔵庫へ。
  • 風味は劣ってしまいますが、すりおろしたものを、平らにならしてラップで小分けに包んで、冷蔵庫へ。
いずれも1ヶ月以内に使い切りましょう。

新生姜

同じ生姜でも、水分量が多く、保存期間が特に短いのが新生姜です。寒さ・水気に弱く、保存環境が悪いと表面がすぐ黒ずんでしまいます。なるべく早く食べるか、加工してあげます。
  • しなび防止のため、ラップでぴっちり包むか、新聞紙に包んで冷暗所で保存。3日ほどで使い切るようにしましょう。
  • 新しょうがは冷凍せず、加工するように。

みょうが(茗荷)の保存

みょうが

みょうがは湿らせたキッチンペーパーで水分を補給します。

みょうがは日陰の涼しい環境で育つ野菜なので、乾燥させないようにして保存するのがポイントです。

冷蔵保存
湿らせたキッチンペーパーに包んで冷蔵庫の野菜室へ。1週間以内に使いきりましょう。

冷凍保存
刻んだものを小分けにラップで包み、密閉容器か袋に入れて冷蔵庫へ。1ヶ月以内に使いきりましょう。


<<前のページで大葉と万能ねぎの保存方法を紹介しています


※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。
※衛生面および保存状態に起因して食中毒や体調不良を引き起こす場合があります。必ず清潔な状態で、正しい方法で行い、なるべく早めにお召し上がりください。また、持ち運びの際は保存方法に注意してください。