ビタミンをたっぷりとる

image

ビタミンは健康&美容の強い味方

日頃から風邪をひきにくい元気な身体を作るためには、健康的な食生活も重要です。特に重要なのがビタミン。日本ではビタミンというと美容のイメージを持つ方が多いですが、実は疲労回復の効果もとても高いのです。

特に弱ってきているときはいつもよりビタミンを多く消耗してしまうと言われています。いつもと同じ食事では、ビタミンが不足気味になってしまうことも。ビタミンB群やビタミンCは水溶性ビタミンなので、取りすぎても尿と一緒に排出されるので問題ありません。CAも常にサプリメントを持ち歩いたり、疲れてきたと感じたらビタミン注射を打ちに行く人もいます。

日頃からビタミン摂取を心がけることで、風邪予防はもちろん、美容効果も期待でき、風邪薬代が浮くと考えたら嬉しいですよね。

 


「弱ってきた」サインを即キャッチする

image

疲れを感じたらとにかく寝ること!

手洗いうがいやビタミン摂取を徹底していても、免疫力が下がってくると風邪をひきやすくなってしまいます。風邪をひかないためには、この「免疫力が下がってきているな」という時点で対策をとることがとても重要です。

体調管理に責任を持っているCAは、自分の体調の変化にとても敏感。サインの出方は人それぞれ。喉がイガイガしてくる人もいれば、鼻水がずるずるしてくる人も。湿疹が出る人もいます。弱い部分にサインが出やすいので、自分はどこにサインが出るか日頃から観察しておくと良いでしょう。

そしてそのサインが出たり、少し疲れてきたなと思ったら、即対策を取ります。のど飴をなめる、うがいを強化する、先述のビタミン摂取など色々対策がありますが、最も効果的なのは睡眠を取ること。CAは不規則な生活になりがちですが、疲れてきたなと思ったら時間に関係なくとにかく寝ます。私自身も色々試してみましたが、やはり睡眠は特効薬!

弱っているときだけでも、「睡眠は余った時間に」というのではなく、まず睡眠の時間を確保してから予定を組むようにすると良いでしょう。

 


いかがでしたでしょうか。
どれも今日からできる簡単なことばかりです。徹底した手洗いうがいとビタミン摂取、そして自己観察を習慣にし、風邪知らずの元気いっぱいの身体を手に入れてください。


※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。
※個人の体質、また、誤った方法による実践に起因して肌荒れや不調を引き起こす場合があります。実践の際には、必ず自身の体質及び健康状態を十分に考慮し、正しい方法で行ってください。また、全ての方への有効性を保証するものではありません。