今年こそ! 「○○したい」から「○○になる」宣言へ

考える女性

新年会の「今年の抱負」をあなどるなかれ!

新年の抱負に限らず、先々の計画を立てたり、仲間と夢や目標を分かち合うのは楽しいものです。しかし、「今年こそ英語が話せるようになりたい!」「今年中に結婚したい!」などと、いつも同じような目標をもつことを繰り返し、なかなか結果が出せずにいる人も多いのではないでしょうか?

そんな人は、ぜひこれからの目標や抱負を「○○したい」という希望ではなく、「○○になる」という宣言に替えてみましょう。心理学には「未来はこうなる」と明確に予言するだけで、その予言が現実になる効果を説明する理論があります。これを「自己成就予言」と呼びます。
 

ネガティブな自己成熟予言に注意! 「風評被害」が発生する人間の心理

たとえば、この自己成就予言をネガティブな方向に使うと、現実がその予言どおりにネガティブな方向へと導かれてしまいます。代表的な例が、1973年のオイルショックや2011年の東日本大震災で発生した「風評被害」です。

当時は、人々が物不足になることを心配してスーパーに駆け寄り、生活必需品が店の棚からあっという間になくなってしまいました。実際には、商品が流通しなくなる心配などなかったのに、人々が「そうなるに違いない!」とネガティブに予測したことで、その状況を回避するために買い占めが発生し、本当に物不足になってしまったのです。

このように、未来をある方向に明確に予言すると、人々の意識がその方向にとらわれ、行動がその方向に向かってしまう。これが「自己成就予言」のネガティブな心理効果です。
 

何気ない日常会話の中に潜む、ネガティブな予言

悩む女性

最近いいことがないのは、ネガティブな予言をしているからかも?

私たちの何気ない日常でも、自己成就予言は現実化しています。

たとえば、「この先、景気が良くなるはずない」「将来が不安だよね」などと何気なく口にする人がいますが、こうした予言を交わし合ううちに、自然に財布の口が締められ、消費意欲が湧かなくなってしまうものです。こうして景気回復を危ぶむ人が国中にあふれることで、物が売れなくなり、本当に景気が低迷し、未来の予測はますます暗いものになっていきます。このように、人々がつぶやくネガティブな予言は、現実に経済の悪化を招くのです。

個人の生活でも同様です。好きな人がいるのに、「どうせ自分のことなんて相手にしてくれない」と予言すると、実際に自分から話しかけたり、連絡をとる行動をしなくなり、コミュニケーションが薄れていきます。そして、お互いの距離は日に日に遠のき、「やっぱり、自分のことなんて相手にしてくれない」と確信し、予言どおりの結果になってしまうのです。

また、なりたい夢があるのに「自分の実力じゃ無理」と予言していると、夢の実現や実現のための努力を考える前に、現在の実力で手に入れられそうなものばかり、探し始めるようになります。すると結局、夢は遠のいてしまいます。
 

「したい」を「する」に替えるだけで、夢は現実に近づく!

だからこそ、大事なのが「これからの抱負」の語り方なのです。いつも「英語が話せるようになりたい」「結婚したい」と控えめに希望だけを述べている人は、その後に「英語がペラペラになるのは難しいだろうけど」とか「出会いなんて、そうそうないだろうけど」などと、消極的なことをつぶやいていないでしょうか? 抱負への意志が弱く、消極的なつぶやきの方が本音である場合、本音の予言に行動が導かれ、そのとおりの結果に近づいてしまいます。 

ぜひ今年こそ、「○○したい」の消極的な希望を「○○になる」の明確な宣言に替えてみてください。明確に宣言すれば、その方向に意識が導かれ、実現のための行動が具体的に発生します。「英語で通訳をする」と宣言すれば、その目標に向かって一途に勉強し始めるでしょうし、「結婚する」と宣言すれば、結婚相手を探す手段を本気になって調べ始めるでしょう。周りにも本気が伝わり、サポート情報が得られたり、ヒントを教えてもらえたりします。

皆さんが今持っている目標は何ですか? ぜひ「自己成就予言」を味方につけて、夢を現実にしてみてくださいね!
※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。
※当サイトにおける医師・医療従事者等による情報の提供は、診断・治療行為ではありません。診断・治療を必要とする方は、適切な医療機関での受診をおすすめいたします。記事内容は執筆者個人の見解によるものであり、全ての方への有効性を保証するものではありません。当サイトで提供する情報に基づいて被ったいかなる損害についても、当社、各ガイド、その他当社と契約した情報提供者は一切の責任を負いかねます。
免責事項