今回はこんな質問が届きました

Q.いつも更新を楽しみにしています。山本さんが最近、ハマっているお気に入りの美容法をぜひ、教えて下さい!(30代 会社員)


A.“温めケア”が大好き。『スチーム洗顔』や『足湯』で血流を巡らせてキレイをキープしています!

オススメの足浴の方法

 

最近というか、このところずっとハマっているのは『スチームON顔』プラスオイルですね。以前、こちらでもご紹介しましたが、蒸しタオルで肌を温め毛穴を開き、皮ふを柔らかくして血流やリンパを流したあとプレオイルとして『ベジオイル』という野菜のオイルで肌の基礎となるコンディションを整える。このケアを基本にしてから肌の調子がすこぶるいいんです。『スチームON顔』をはじめ、私は“温めケア”をよくやってます。だって冷えはキレイの大敵ですからね。

“温めケア”といえば、この間マレーシアへ旅行したのですが、そこのスパがもうこれが徹底的に温めケアだったんです。まずお風呂に入って体を温めるでしょ。次にリラクゼーションルームで少し休むときも首やおなかなどにカイロを置いて温め、その後施術室に行くのに、一瞬、室外を通るのですが、このときもほかほかのホットタオルを首に巻いて温めてくれるんです。それはもう至れり尽くせりでちょっとのスキでも冷やさないようにと細心の気づかい。やっぱり温めるって美容にいいんだなとあらためて思いました。(詳しい内容はこちらで紹介しています)

マレーシアは暑いのですが、そのぶんホテルなど建物の中はエアコンが効いていて、そりゃあ冷えるんです。こういうとき、旅先でも私がよくやるのは、ホテルのバスタブにお湯を半分くらいはって足浴をやります。これだけでも全然違うの。すぐ体中がほかほかに。他にも、肩がこった時には洗面所にお湯をはり、ひじまで入れて温まる『ひじ浴』も効果あり。おススメですよ。

自宅でも『足湯』はよくやっています。ちなみに『足湯』の時は両脚一緒に入れてますか?私も以前はそうでしたが、片方ずつ入れたほうが効果的なんだそう。私が行っている整体の先生のアドバイスです。なんでだか理由はちゃんと聞かなかったけど。確かに片足ずつのほうがより温まるし、足の疲れも取れる気がするのでそうしてます。

時間は特に決めず、片方の足を入れて汗がじわっと出てきたら反対っていうふうなやり方。足浴するときは入浴剤を入れてより血行を促進してます。お気に入りはアスリートにもファンが多いというバスクリン『きき湯 ファインヒート』。塩もよくやりますよ。最近お土産でいただいたりする事が多くてね。先ほどの整体の先生にススメられたチベット高原の3億8千年前の岩塩「リ・コエンザイム」って塩はなんか他のとは違う!って感じちゃうような特別な塩で、すごくすごく疲れたときはこれを使ってます。表面だけでなく芯まで温めるのがキレイには効果的なんですよ。顔色もアップするし、疲れも取れる!“温めケア”なら、ちょっとした心がけで出来るから。お金をかけずキレイになっちゃいましょうね。

山本さんのおすすめアイテム

 

血流をよくする炭酸ガスが普通のきき湯の3倍!
血流を上げる多量の炭酸ガスが温浴効果を高めて疲労回復。ファンヒートは炭酸ガスがMAX配合。疲れたーというときにおススメ。グレープフルーツの香りが爽やか。きき湯 ファインヒート グレープフルーツの香り(税抜900円・編集部調べ)/バスクリン
 



 

 

山本浩未さん プロフィール
さまざまなメディアで大人気のヘア&メイクアップアーティスト。取り入れやすいメイクテクが、幅広い年代の女性に支持される秘密。
公式Twitterはこちら>>
公式Facebookはこちら>>


※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。
※個人の体質、また、誤った方法による実践に起因して肌荒れや不調を引き起こす場合があります。実践の際には、必ず自身の体質及び健康状態を十分に考慮し、正しい方法で行ってください。また、全ての方への有効性を保証するものではありません。