2015パングランプリ東京 連合会会長賞

"Benediction de la terre(ベネディクション デ ラテール 大地の恵み)"

"Benediction de la terre(ベネディクション デ ラテール 大地の恵み)"

"Benediction de la terre(ベネディクション デ ラテール 大地の恵み)"

国産小麦を使ったパン部門、及び和の食材を使ったパン部門で連合会会長賞をダブル受賞したのは、株式会社ル・スティルの松田武司さんでした。

"Benediction de la terre(ベネディクション デ ラテール 大地の恵み)"はすべて国産の材料で、日本のカンパーニュを意識して作られています。小麦粉は北海道産のゆめちから40%、きたほなみ30%、細挽きライ麦30%。しっとりもっちりした生地にはもち黒米、はだか麦、もち玄米、丸麦、黄大豆、小豆、もちきび等16種類の穀物をブレンドして、日本の大地の恵みで育つ木の葉のイメージをクープで表現。どっしりとして美しいパンでした。

"Automne au Japon(オートンヌ オ ジャポン 日本の秋)"

"Automne au Japon(オートンヌ オ ジャポン 日本の秋)"

"Automne au Japon(オートンヌ オ ジャポン 日本の秋)"


松田さんのもうひとつの受賞作、"Automne au Japon(オートンヌ オ ジャポン 日本の秋)"は和の食材で、外国人にも喜ばれる、というお題をふまえて、日本の紅葉をイメージしたそうです。抹茶のブリオッシュに和栗ときなこと黒蜜のフィリングを閉じ込め、最後はフランボワーズで色付けしたマジパンを紅葉の型で抜いて、ゼリーを流し和菓子のように仕上げています。まるでケーキのよう。お題は「デザート用」でもあって、パンでデザートなんてヘビーと思っていたけれど、こういう美しい表現ならありですね。参りました。

"Rustique Asitabatter(リュスティックアシタバッター)"

"Rustique Asitabatter(リュスティックアシタバッター)"

"Rustique Asitabatter(リュスティックアシタバッター)"


もうひとつの連合会会長賞は"Rustique Asitabatter(リュスティックアシタバッター)"。株式会社洗足ベーカリーの細井亮佑さんでした。
生地に練り込んだアシタバがほのかな塩バター味でたっぷり味わえる、有塩バター入りのリュスティックです。このパンは洗足ベーカリーの運営するロンシェールで11月に販売が予定されています。
ロンシェール

次のページでは大会会長賞の受賞作品をご紹介します。