日帰りだけど…ゆっくりお食事+昼食で宿泊気分

黒田やランチ

もと湯の宿黒田やのランチ付き入浴 ランチの一部

温泉旅行というと宿泊が基本と思いがちですが…実は、泊まらなくても温泉宿のお食事と温泉を存分に堪能できるお宿が少なくありません。温泉宿のこだわりのお食事に舌鼓をうちながら、ゆっくりと温泉に浸かってのんびりと過ごすことができる温泉宿の中でも、関西、西日本から行きやすいオススメ日帰り温泉入浴&ランチプランがある温泉宿をご紹介します。(関東編はこちら


庭園が見事な美食宿でランチ入浴 石亭

石亭undefinedリラックスルーム

庭園を眺めながらゆっくり寛げるスペース


山陽自動車道大野ICから10分程。宮島を臨む高台に位置する宮島温泉 庭園の宿石亭(せきてい)。このお宿は庭園の宿と謳うように、そびえたつ岩山から海へと続く景色を見下ろすことができる和風テイストが素晴らしいお宿です。

温泉風景

ガイドは宿泊したので夕方の温泉風景です

温泉は無色透明で湯自体にクセがないので、万人受けするものでした。
泉質はラドンを含む単純弱放射能温泉。

雰囲気がよいので湯に浸かっていると、とにかくホッと和むことができる空間となっています。

あなごご飯

老舗うえののあなごご飯は悶絶のおいしさ

お昼の日帰りプランでは、宿泊者が利用するお部屋でランチをいただくスタイルで、利用できるのは15時まで。

基本的に昼のランチでも、夜に出すのと同じものが並ぶということで、結構ボリュームがあります。特筆すべきは、シメのあなごご飯。というのも実は石亭、広島ではあなご料理で有名な行列店「うえの」の姉妹店にあたり、季節によりますが、絶品あなご料理がずらりと並ぶのです。老舗の名に相応しく、しみじみおいしい!と思ったあなご料理でした。

<DATA>
石亭
・住所:広島県廿日市市宮浜温泉3-5-27
・電話番号:0829-55-0601
・日帰り昼食付きプラン料金:7900円~
・利用時間:11時~15時
・公式HP:http://www.sekitei.to/hiruplan.html


泥パックで美白に!さくらさくら温泉

外観

さくらさくら温泉 外観から


鹿児島県霧島市にあるさくらさくら温泉。ここは、レストランや売店のある本館と、ペンション風の「さくら館」、カナディアンログハウス「きりしま」、コテージ「さくらの村」、和風一戸建て「さくらのお宿」の宿泊棟から成り立っている湯宿です。

この湯宿は特に女性に大人気ということですが、その人気の秘密は…

泥パック

塗り放題の泥!泥パック後は肌のトーンが明るい!?


大浴場の露天風呂にある、さくらさくら温泉の名物的存在の泥!

ふわふわの泥は、硫黄のにおいがしっかりとする鉱泥なんですが、この泥パックはご自由に、たっぷりと全身に塗ることができます。

塗って放置すること約10分、洗い流してみると自分で肌のトーンが明るくなったかな?と自覚ができるほどの美白効果を、ガイド自身は実感しました。

露天風呂

さくらさくら温泉の女性用露天は2ヶ所


温泉の泉質は単純硫黄温泉。美人の湯のひとつ、硫黄泉には漂白作用もあるため、皮膚を還元性にしたり、紫外線を遮断する作用があると言われているので、ガイドは美白効果を期待しながら、湯に浸かっていました。
ランチビュッフェ

さくらさくら温泉のランチはビュッフェスタイル 地産地消の物がずらりと

ランチは、お好きなものをお好きなだけ食べることができる、ビュッフェスタイルです。和洋中のコンビネーションが約30種類、お豆腐や野菜などヘルシーな食材がずらりと並んでいました。

鹿児島でも多く見かける奄美大島名物の鶏飯(けいはん)や、ごぼうのポタージュがガイド好みの味でした。

<DATA>
さくらさくら温泉
・住所:鹿児島県霧島市霧島田口2324-7
・電話番号:0995-57-1227
・日帰り入浴+ランチ ビュッフェ:1480円
・公式HP:http://www.sakura-sakura.jp/


別府鉄輪名物 地獄蒸しもあるランチ入浴 もと湯の宿 黒田や

黒田やundefined外観

もと湯の宿 黒田や 外観


JR別府駅よりバスで約30分。鉄輪(かんなわ)地区にある、もと湯の宿 黒田や。ここは温泉の湯もよし、お料理もとにかくおいしいとあって、有名宿泊サイトでも九州地区では3本の指に入るくらい人気がある湯宿です。

こちらでは、絶品ランチをいただくと温泉もセットで利用することができます。

黒田やundefined温泉写真

女湯は内湯と露天風呂 水風呂 ミストサウナがありました

黒田やの湯は源泉100%掛け流しで、温泉の泉質は、ナトリウムー塩化物温泉です。ささにごり気味の色で無臭の湯は、滑らかな浴感。じわじわと汗ばんでくる温泉で、デトックス効果も期待できました。

お肉料理

お肉料理が名物なのでハンバーグやステーキもあります


ランチの内容は種類がいくつかありましたが、実はもと湯の宿 黒田やは、精肉店直営なのだそう。確かに周りをみても、お肉料理を食べている人を多く見かけました。上質なお肉を使っているということがわかる、とろけるようなやわらかさ、ふわふわ感が絶妙です。

黒田やの地獄蒸し

鉄輪名物地獄蒸しは、黒田やスタイル

鉄輪地区にある宿らしく名物地獄蒸しもランチメニューにあったので、地獄蒸しをオーダーしましたが、野菜も豚肉も噛む程に甘くて、内容も種類も多いので結構ボリュームがありますが、どれもおいしいのでするする胃袋に入っていきました。


<DATA>
もと湯の宿 黒田や
・住所:大分県別府市鉄輪御幸3組
・電話番号:0977-66-9656
・日帰り入浴+ランチ:1500円~
・利用時間:11時30分~15時
・公式HP:http://www.kurodaya.info/lunch/index.html

<関連記事>
※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。