近場の名湯! 関西からの日帰り温泉

名湯宝乃湯
関西の日帰り温泉を代表する名湯「宝乃湯」。
その美しい外観からは想像も付かない濃厚な湯が待っている
日帰り温泉は全国的に増加しており、特に新しい施設では、設備の充実や湯の扱いの良さに驚かされます。もちろん、関西の日帰り温泉も例外ではありません。

ここでは阪神地区の都心部からも近い施設の中で、掛け流しの源泉の湯に浸かれる上に、駐車場も完備され、設備的にも整った日帰り温泉を紹介します。

大阪府の日帰り温泉

天然温泉 華の湯
民家のように落ち着いた造り!天然温泉 華の湯
大阪府北部では、天然温泉湯元一丁 ねや寿の湯(寝屋川市)がイチオシです。循環された湯船でも金気を感じ、温泉と分かりますが、源泉風呂を見て驚きました。うぐいす色の実に美しい湯の色をした、濁り湯だったのです。

しかも、源泉風呂はぬるめの温度で、良い湯を長湯して楽しめます。冬には加熱するとありましたので、夏の間に非加熱の源泉を楽しんで頂きたいと思います。館内施設も実に美しく、ごろ寝部屋で快適に休憩できました。

一方、大阪府南部は良い温泉が多数集まっています。中でもイチオシは、松原天然温泉you,ゆ~(松原市)。ここは以前からある施設で、玄関右手には鉄分の多い、有馬の金泉に似た、温泉のオブジェがあります。入浴料は1800円ですが、22時以降は1000円に割引。さらに、夏季限定かもしれませんが、今は20時から1000円になっています。

貸しバスタオルと館内着まで付いて1000円なので、猛烈なお得感があり、館内で仮眠までしてしまいました。しかし、本当に凄いのはお湯の良さです。内湯は真っ赤な湯の色で、まさに有馬の金泉という感じ。ただし、内湯は循環も併用しています。

一方、露天風呂は完全掛け流しになったとのこと。湯がフレッシュな分、鉄分の劣化が少ないので、あまり真っ赤な湯ではなく、やや透明感もある湯。お湯の違いに敏感な方は、露天ばかり浸かりたくなるかもしれません。

私の場合、やはり金泉というイメージの真っ赤な湯の色も楽しみたいと思い、露天と内湯を何度も往復して楽しみました。温泉とはお湯の良さに尽きると考える方には、断然お勧めの日帰り温泉施設です。

他に大阪府南部のお勧めは、天然温泉 延羽の湯(羽曳野市)。ここは施設は大変に立派で、高級旅館の雰囲気が感じられる程。時間の余裕を持って訪問し、館内でゆったり滞在したい所です。食事はもちろん、午後から夜まで、デザートバイキングも楽しめます。

ここも源泉風呂が素晴らしく、大きめで深さも十分にあるので、良い湯を存分に楽しめます。濃厚な湯ではありませんが、泡が付くぬるめの湯は、金気臭もして源泉らしさを十分に感じることができるのです。

同じ羽曳野市内の、天然温泉 華の湯も、掛け流しの浴槽が多数あり、600円という料金も嬉しく、温泉好きに人気があるのも納得の施設です。