10~11月頃におすすめの紅葉温泉BEST5! おすすめ理由は?

秋といえば、やはり紅葉の季節です。今年こそ見ておきたい、東日本の紅葉温泉ベスト5を紹介します!

万一、期待通りの色付きでなくても、近くに別の紅葉名所がある。また近年、温暖化で色付き悪化の紅葉名所が多い中でも、例年期待通りの色付きを見せてくれるなど、紅葉の絶景を確実に楽しみ易い温泉地を、紅葉スポットガイドでもある筆者の経験から総合的にランキングしました。
 

第5位 修善寺温泉

11月に紅葉が見頃の修善寺温泉

毎年素晴らしい紅葉を見せてくれる! 修善寺温泉の修禅寺境内


第5位は修善寺温泉(静岡県)です。関東からも至近距離の伊豆は温暖で、紅葉のイメージは薄いかもしれません。しかし、実は日本でも屈指の紅葉名所が多数あり、熱海梅園の紅葉などは「日本一遅い紅葉」として、千葉県の養老渓谷温泉郷とともに売り出し中です。

そんな伊豆の中でも毎年、安定して良好な紅葉が楽しめるのが修善寺温泉。特に温泉街中心部の修禅寺や、竹林の小径周辺の紅葉が最高です。さらに周辺には紅葉名所が数多く、修善寺自然公園もみじ林や、修善寺虹の郷があり、紅葉のピークが少しづつ異なるので、何処かで最高の紅葉に出会えます。しかも、毎年の色付きが素晴らしく、温暖化の影響など微塵も感じない素晴らしさです。

11月中旬から下旬にかけてという、他の温泉地では既に紅葉が終わっている時期に、見頃を迎えるという意味でも貴重な存在で、年により12月初旬まで紅葉が楽しめます。古刹の修禅寺や純日本風の温泉街に紅葉が絶妙にマッチして、「美しい秋の一日を実り豊かに」過ごせた満足感に包まれる温泉地です!

修善寺温泉の詳細については、以下の記事も参照願います。
修善寺温泉で紅葉散歩!
 

第4位 那須温泉郷

那須 飯盛山の紅葉

関東とは思えない本格的な紅葉! 那須 飯盛山


第4位は那須温泉郷(栃木県)です。関東にも紅葉の名所は数多くありますが、最高の紅葉を確実に見る為には、実は標高差が必要です。紅葉が絶好調な期間は一日程度で、翌日には紅葉状況が大幅に変わっている場合もあります。よって、最高の紅葉を確実に堪能するには、標高の異なる紅葉名所を一日で数多く巡る必要があり、那須のように紅葉名所が集中している温泉地がおすすめです。

那須連山は関東で最も早く紅葉が始まる地域で、山麓まで時間をかけて「もみじ前線」が下って行きます。その過程で必ず、何処かの標高では良好な紅葉を見ることが出来ます。おすすめは山頂付近の紅葉で、登山がベストですが、登らなくても県道終点の「峠の茶屋」付近から、素晴らしい紅葉の絶景を見ることが出来ます。

人気の観光地で、しかも一本道なので週末は大渋滞。出来れば早朝(未明)から訪れたいもの。関東とは到底思えない、日本屈指の紅葉の絶景が待っています。山頂付近の紅葉の見頃は10月中旬前後です。

那須温泉郷の詳細については、以下の記事も参照願います。
那須温泉郷は紅葉と温泉の名所
 

第3位 泥湯温泉・秋の宮温泉

泥湯温泉

一面の紅葉に囲まれた泥湯温泉全景

第3位は泥湯温泉・秋の宮温泉(秋田県)です。付近の栗駒山が紅葉名所ですが、あまりにも有名なのと、その時期は他に紅葉している場所が無いので、観光客が集中して大混雑・大渋滞になります。

栗駒山の麓も大湯温泉から、小安峡温泉、泥湯温泉、秋の宮温泉まで本当に全域が紅葉名所で、代表格が泥湯温泉・秋の宮温泉です。一帯は紅葉の鑑賞に向いた標高差があり、非常に長い期間紅葉が楽しめます。中でも10月下旬が一番おすすめで、一番広範囲に紅葉している時期です。

泥湯温泉は鄙びた秘湯ですが、その素朴な秘湯風情の建築が紅葉に絶妙にマッチ。伝統建築の神社仏閣が、紅葉とマッチするのと同様です。秋の宮温泉は名前の通り、秋の色付きが忘れられない温泉地です。

見頃を過ぎた場合は、鬼首温泉や鳴子温泉(鳴子峡)方面に行けば、素晴らしい紅葉に出会えます。見頃より早い場合は、須川温泉方面に登って行けばOK。いつ行っても、幅広く柔軟に対処出来るのも魅力です。

秋の宮温泉の詳細については、以下の記事も参照願います。
鷹の湯温泉は錦秋の秘湯! 秋の宮温泉郷
 

第2位 白骨温泉・奥飛騨温泉郷

白骨温泉

背後の紅葉が印象的! 白骨温泉湯元齋藤旅館

第2位は白骨温泉・奥飛騨温泉郷(長野県・岐阜県)です。この地域も、標高差が大きい中に、多数の温泉が点在しているので、何処かの温泉が見頃を迎えていると期待出来る地域です。

見頃は10月中旬から下旬にかけてですが、実は10月中旬は東日本の全域が紅葉の見頃を迎える時期です。一番貴重な時期におすすめするのは、紅葉の絶景が素晴らしい上に、お湯が良い温泉地、日本を代表する名湯が多数あるからです。

本当は年中おすすめの温泉地で、特にオフシーズンの格安宿泊プランが登場する雪見の時期もおすすめ。白骨温泉・奥飛騨温泉郷の詳細については、以下の記事も参照願います。
これぞ絶景! 新穂高温泉郷の紅葉露天風呂
雪見の温泉! 雪見露天風呂三選
湯元齋藤旅館で雪見露天風呂 冬の白骨温泉
平湯館で雪見風呂! 冬こそ奥飛騨温泉郷
 

第1位 乳頭温泉郷

乳頭温泉郷 黒湯温泉

名実ともに秘湯の中の秘湯! 乳頭温泉郷 黒湯温泉


第1位は乳頭温泉郷(秋田県)です。見頃は10月中旬から下旬にかけてで、この時期、東日本の山中の温泉は、一斉に紅葉の見頃を迎えます。一番貴重な時期に行くのですから、著名な温泉に行くべきで、日本で一番有名な秘湯の乳頭温泉郷がおすすめです。乳頭温泉郷はかなり遠いですが、紅葉もお湯も素晴らしく、行って良かったと満足出来る温泉地です。

紅葉名所の秋田駒ケ岳に隣接した乳頭温泉郷一帯は、ブナの原生林に囲まれ紅葉の条件が極めて整っています。昔ながらの秘湯風情の建築も、紅葉に実によく似合います。見頃を過ぎた場合は、標高が低い田沢湖温泉郷や水沢温泉に行けば良いですし、見頃より早い場合は、八幡平方面に登って行けば見頃の紅葉を探せます。

是非一度、乳頭温泉郷の紅葉を見て下さい。一度見たら二度と忘れられない貴重な思い出になる上に、毎年来たくなってしまうに違いありません!

乳頭温泉郷の詳細については、以下の記事も参照願います。
乳頭温泉郷で紅葉狩り! 錦秋の黒湯と妙乃湯
孫六温泉 鄙びた風情と燃える紅葉!
鶴の湯温泉 秘湯の宿に見る究極の癒し!

【関連記事】
※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。