振付家・ダンサーとしてそれぞれ日本と韓国で活躍するおふたり。最初にお会いしたときのお互いの印象はいかがでしたか?

白井>初めてお会いしたのは東京のカフェでした。お互いそれほど口数の多い方ではないけれど、なんとなく話しやすいなという感覚があたったし、ひととの距離感の取り方は似ているのかなと思いましたね。僕としては英語が心配だったけど、たぶん他のひととは難しくても、彼となら意志疎通ができるのかなという印象がありました。

ソンヨン>白井さんのことはお会いする前からいろいろ聞いていたので、何となくイメージしていた部分はありました。“ふたりはよく似ているよ”と言われていたけど、実際に会ってみて何故似てると言われていたのかわかった気がします。それに、白井さんはハンサムなので、似てると言われるのはとても嬉しいですね(笑)。

白井>『聖おにいさん』というブッダとキリストが一緒に生活をする漫画があって、何だか彼らみたいだねと言っています。同じ年でもあるし、牡牛座というのも一緒で、誕生日も一週間しか違わない。声が小さいというのも共通するところです(笑)。

ph

 

日本と韓国を行き来し、三年間に渡り作品に取り組んできました。クリエイションはどのように行ったのでしょう。

白井>彼と僕とでは、踊りの型だったり、普段やっている踊りのシチュエーションが全く違う。だから、まず始めにインプロを試してみました。アイデアはいろいろあったんですけど、結局そのときは何も決めずに30~40分くらい踊って……。

ソンヨン>ふたりとも背景が全然違うから、インプロでお互い何かを感じ取ろうとしていたんだと思います。最初に踊ったとき、僕自身普段の自分とはまた違う感覚がありました。彼の踊りを受けて自分も何かを感じて、僕も何かを返したいという気持ちになった。それは自分にとって非常に特別な経験でした。

白井>ダンサーのカンとして、“こうなったらこう来るよね”“ここでこう来るはずだからここでこう避けよう”といったものはあるけれど、それ以上に僕にしては珍しくかなり近づいていったし、実際彼に触ったりもしました。接触するとそこに囚われすぎてしまう気がして、普段知り合いとインプロをしてもあまり触らないんですけど、あのときは触りたくなったというか、触らないとわからない気がした。本当に会ったばかりだったので、なんとかわかろうとしたり、自分のことをダイレクトに伝えようとしていたんだと思います。実際触ってみたら、何でも受け入れてくれるような感じがして、我が儘になっていっていいんだなという気持ちになりました。

ph