ドレスデンのシュトレンを本場で手に入れよう!

stollen

シュトレンの本場ドレスデン。伝統的レシピでつくられる「本物のシュトレン」をぜひ味わってみて

最近日本でも人気が上昇しているドイツの伝統菓子シュトレンはじつはドレスデンが本場。その昔ザクセン公国では、バターと砂糖をたっぷり使ったシュトレンは毎年のクリスマスに宮廷に献上される特別なお菓子だったそうです。伝統的なレシピで作られるドレスデンのシュトレンは「Dresdner Stollen」として商標登録されているので、シュトレンを買う時はこのマークが付いたものを選びましょう。

シュトレンは通常はクリスマスシーズン限定で作られますが、ドレスデンを中心に展開する有名店「エミール・ライマン Emil Reimenn」では冬季以外も購入できます。綺麗な箱や缶入りのシュトレンはお土産にぴったり。前ページで紹介した「アルトマルクト・ギャラリー」「QFクアティア」ほか市内のあちこちに支店があるのですぐに見つけられます。シュロス通り店は営業時間が長く店内も広々としているのでカフェとしてもおすすめ。

参考記事>>>冬のお土産に! ドイツのクリスマス菓子を大特集

<DATA>
Emil Reimann
住所:Sclossstr. 16 01067Dresden (シュロス通り店)
TEL:0351-50060978
営業時間:8:00~22:00 無休
予算:約10ユーロ~
アクセス:トラムAltmarkt駅から徒歩2分

クロイツカムのバウムクーヘン

baumkuchen

バウムクーヘンの名店「クロイツカム」の歴史はドレスデンで始まったのです!

ドレスデンはドイツのバウムクーヘン発祥地のひとつ(他にザルツヴェーデルやコットブスなど)。ミュンヘンで日本人に人気ナンバーワンのお土産として知られるバウムクーヘンの名店「クロイツカム」も、じつはドレスデンで1825年に創業したのが始まりなんです。お菓子好きならぜひクロイツカム本店を訪ねてみましょう。

現在、ドレスデンのクロイツカムは2011年にリニューアルした大型ショッピングモール「アルトマルクト・ギャラリー」の建物に入っていますが、クラシカルな雰囲気はしっかり残っています。ショーケースにはたくさんの種類のケーキやお菓子がずらり。奥のカフェでお茶やコーヒーと一緒に楽しむこともできます。

同店ではバウムクーヘンはもちろんですが、冬期限定のシュトレンも人気商品。ドライフルーツたっぷりのリッチなシュトレンはお土産におすすめです。

参考記事>>>ミュンヘンの人気土産 クロイツカムのバウムクーヘン

<DATA>
Conditorei Kreutzkamm
住所:Altmarkt 25 (Ecke Wilsdruffer Str. ) 01067Dresden
TEL:0351-4954172
営業時間:月~土 9:30~21:00 日祝12:00~18:00
予算:バウムクーヘン 10ユーロ前後
アクセス:トラムAltmarkt駅からすぐ

次のページではマイセンのアウトレットや日本人オーナーのワイン店をご紹介!