ミュンヘンのお土産といえば、クロイツカム!

kreutzkamm

日本人に大人気のクロイツカムのバウムクーヘン。バニラやスパイスがほんのりかおるドイツ伝統の味

日本で大人気のドイツ菓子、バウムクーヘン。ですが当地ドイツでは、バウムクーヘンは限られた職人だけが作れる「特別なお菓子」なため、どこのお菓子屋さんでもお目にかかれるわけではありません。ミュンヘンの老舗コンディトライ(ケーキ屋さん)「クロイツカム」は、そんな特別なお菓子をいつでも味わえる貴重なお店。日本人の間では、ミュンヘンのお土産といえばクロイツカムの名前が必ず挙がるほどの有名店です。

クロイツカムは1825年にドレスデンで創業しましたが、第二次世界大戦で街も店舗も破壊されてしまったため、その後各地を転々とし、1950年にミュンヘンで営業を開始。東西ドイツ再統一後、ドレスデンでも店を再開し、現在はミュンヘンの2店舗とドレスデン、南ドイツのテーゲルン湖で営業しています。

力強くも軽やかなバウムクーヘン

kreutzkammbaumkuchen

サイズもパッケージも様々

伝統的な製法で作られるクロイツカムのバウムクーヘンは、バニラ風味のしっかりとした生地にスパイスがほんのりきいた素朴な味です。ずっしりと重みがあるのに不思議と口当たりは軽やか。力強い生地と、まわりをコーティングしているフォンダンやチョコレートとのバランスも絶妙です。

バウムクーヘンは大小様々なサイズがあり、自宅用のシンプル包装のものから、お土産に最適な箱や缶入りのものまで、パッケージも色々。値段は重さで決まり、小さいサイズだと7ユーロくらいからあります。

 

kreutzkammkuchen

バウムクーヘン以外のケーキも豊富

カフェでいただくバウムクーヘンは「バウムクーヘン・シャイベ」と呼ばれ、薄~くそぎ切りにされた形で出されます。この切り方だと縦に切るよりも口当たりが柔らかくなって、ドイツのどっしり系バウムクーヘンでも重さを感じません。おうちでバウムクーヘンを切るときにもおすすめですよ。

日本人の間ではバウムクーヘンがあまりにも有名なお店ですが、各種ケーキにクッキーやチョコレートなど、バウムクーヘン以外のスイーツも豊富。カフェでは軽食もいただけます。

stollen

シュトレンも美味しい!

バウムクーヘンと並ぶ同店のもう一つの人気商品が、クリスマスに欠かせないお菓子、シュトレン。ドイツではアドベント(待降節:クリスマス前の4週間)の時期に少しずついただくのが伝統です。ドライフルーツとバター、マジパン(マジパン無しのタイプもあります)がたっぷり入ったシュトレンは、ずっしりと重みがあってリッチな味わい。日ごとに熟成されて美味しくなります。クリスマス前になると全国から注文が殺到するそうですよ。

<関連記事>
ミュンヘンのお土産

<DATA>
Kreutzkamm(ミュンヘン・Maffei通り店)
住所:Maffeistr.4 80333 München
TEL:089-293-277
アクセス:MARIENPLATZ駅より徒歩2分
営業時間:月~金曜8:00~19:00、土曜8:30~19:00、日曜・祝日12:00~19:00
※5~9月は日曜・祝日休業
※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。
※海外を訪れる際には最新情報の入手に努め、「外務省 海外安全ホームページ」を確認するなど、安全確保に十分注意を払ってください。