アラフォー女性必見!「たれ尻解消エクササイズ」

「お尻が垂れる」「太ももとの境目がなくなる」「お尻が縦に長くなる」「ハリがない」等々……。アラフォーともなると、お尻にまつわるトラブルが増えてくるものです。

そこで今回は、ちょっとハードではありますが、やれば必ず効果が出る「たれ尻解消エクササイズ」を紹介したいと思います。

“たれ尻”の原因とは

お尻は体の中でも筋肉量が多い部分。つまり、筋力が低下するアラフォーになると、お尻を支える力が衰えることで“たれ尻”を招いてしまうのです。

また、バストには靭帯といって下垂を支えるものがあるのですが、ヒップには存在せず、筋肉と脂肪を支える組織が一度ゆるんでしまうと、元に戻すのは困難だとか!

ただし、筋力を維持することで今以上の“たれ尻”を防ぐことは可能なので、アラフォー女性にとってエクササイズ習慣は必須となってきます。

以下では、筋力低下以外の“たれ尻”の原因を紹介しますので、思い当る人は気を付けてくださいね。

■長時間の座り仕事
長時間の座り仕事は、お尻の筋肉を動かさないため、筋肉量が低下し“たれ尻”の原因となります。

■高いヒール
高いヒールを履くことが多く、しかも、膝が曲がった状態で歩く癖のある人は要注意。この歩き方だとお尻の筋肉をうまく使えないため“たれ尻”に!

■O脚、内股
O脚や内股の人は骨盤が開きがちで、重心が外側にかかりやすくなります。この歪みが原因で“たれ尻”を招きます。

効果は絶対!「“たれ尻”解消キツめエクササイズ」

今回紹介するエクササイズは、大臀筋と中臀筋を意識しながら、効率よく筋力を鍛えて“たれ尻”を解消するものです。

大臀筋は、脚を後ろにはね上げたり、ジャンプをしたりするときに使う筋肉で、この筋肉が衰えると、お尻が垂れ下がる=“たれ尻”になります。

また中臀筋は、脚を外側に広げるときに使う筋肉で、この筋肉が衰えると、お尻が横に広がりやすくなります。

大臀筋と中臀筋を同時に効果的に鍛える以下のエクササイズは、ちょっとハードですが、少ない回数でもやれば必ず効果が実感できるはずですよ!

スタートポジション

スタートポジション

1.写真のように、右脚の膝を後ろに曲げ、左脚の膝を上半身の前で曲げます。

 
両手を左にズラす

両手を左にズラす

2.両手をハの字にし、正面から少し左にずらして床につきます。

 
横から見たときの姿勢

横から見たときの姿勢

3.横から見たときの姿勢は、つむじから尾てい骨まで一直線に背骨を伸ばします。背中が丸くならないように注意し、お腹は常に引き上げておきます。

 
大臀筋が使われます

大臀筋が使われます

4.後ろの右脚を最大限浮かせる⇔床に付かないぎりぎりまで下ろす を10回繰り返します。

 
中臀筋が使われます

中臀筋が使われます

5.次に、右脚を上半身の横まで移動させる⇔後ろに戻す(*4の状態)を10回繰り返します。
反対の脚も同様に行います。

 

“たれ尻”を解消し、プリッと上がったお尻になると、若々しい印象になるだけでなく、脚長効果も期待できます。

短時間でも効果は抜群ですので、早速今日から実践してみましょう!

■「アラフォー女子の“本気のラスト”ダイエット」連載中!
Vol.1 アラフォー女性のダイエットの心構え
Vol.2 アラフォー女性の代謝アップエクササイズ
Vol.3 アラフォーが痩せやすい!「お腹エクササイズ」
Vol.4 太らないアラフォー女性の食生活とは?

■アラフォー女性は「bliss」をチェック!
美しく最高な毎日を手に入れる。いつだって、答えは私のなかに――。ダイエット、ファッション、恋愛、グルメ……大人の女性に向けて、日々の生活や仕事をより輝かせるための情報をお届けしているFacebookページです。
https://www.facebook.com/bliss.allabout


※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。
※ダイエットは個人の体質、また、誤った方法による実践に起因して体調不良を引き起こす場合があります。実践の際には、必ず自身の体質及び健康状態を十分に考慮したうえで、正しい方法でおこなってください。また、全ての方への有効性を保証するものではありません。