社長の報酬額は、人によって様々です

社長の報酬額は、人によって様々です

社長の給料は新入社員の20倍!?

社長や役員はいくら給料を貰っているのでしょうか? まず社長や役員の給料は、一般従業員とは異なり、給料ではなく役員報酬と呼ばれます。

時折、新聞などで大企業の経営者の報酬額が公表され、その高額な金額が話題に上ります。過去には、ソフトバンク副社長のニケシュ・アローラ氏の報酬165億5600万円(入社に伴う契約金を含む)が目を引きました。日産のカルロス・ゴーン社長に支払った10億3500万円も、桁外れの高額報酬です。

2015年3月期に報酬1億円以上を受け取った上場企業の役員は408人(209社)で、そのうち報酬額が1億円台の役員は326人(全体の79.7%)です。そうすると社長・役員の報酬は、一部の桁外れの高額報酬者を除き、おおむね1億円台に留まっているようです。

厚労省の「平成27年民間企業における役員報酬(給与)調査の概要」を見ても、役員報酬は、3000人規模以上の会社で5000万円、1000人規模以上の会社で3000万円、500人規模以上の会社で2700万円程度です。

一般従業員で年収が最も多いモデル労働者(常用労働者、1000人以上規模・大卒・男性・53歳)の年収が1080万円なので(平成26年賃金構造基本統計調査)、それと比較すると、社長・役員の年収は、高報酬一般従業員の3~5倍程度ということになります。

ちなみに新入社員(常用労働者、1000人以上規模・大卒・男性・22歳)の年収が258万円なので、社長・役員の年収は、新入社員の11倍~20倍程度となります。