reset

派遣スタッフにとっては大きな問題

派遣で働く人にとって、「待機中」ほど微妙な時期はないかもしれません。次の仕事があるのかないのかはっきりしない。次の仕事があるかもしれないから、本腰をいれて転職活動をする気にならない。でも、収入は途絶えている。モチベーションの維持も難しい……。

難しい問題ですが、少しでもヒントになればと今回のテーマにしました。

「待機」はどういう状態を指すのか?

「待機」という表現、実は派遣スタッフによって意味が違います。1つは、登録型派遣で働くスタッフの、派遣=雇用契約が終わって、ただの登録状態に戻って次の派遣=雇用契約を待っている期間です。もう1つは、特定型の派遣会社で働く派遣スタッフの、雇用契約は続いているが、次の派遣先が決まらず宙ぶらりんな状況。

以前、派遣スタッフの休業手当について調査したことがあります。会社都合による休業の場合、労働基準法で雇用主(派遣スタッフの場合は派遣会社)が最低でも給与の6割を払わなければならないと決められています。ところが、その調査では、派遣先や派遣会社の都合で自宅待機や休職を求められているのに、休業手当が0円だと回答した人が結構な数いたのです。

派遣スタッフが法律を知らないことをいいことに、悪徳な派遣会社がふみたおしたのかもしれません。ただそれだけでは説明がつかないくらい、休業手当0円が多い。派遣スタッフは休業だと認識しているが、実際は雇用契約が終了している待機中が混ざりこんでいると考えた方が自然ではないかと、その時思ったのです。(詳細はワークス研究所中村天江「間接雇用における休業手当の考察」をご覧ください)

登録型派遣では、ふつうこのような雇用契約がない、ただの登録状態を「待機」と呼びます。

「待機」のもう1つの定義

ところが、派遣で働く人たちに話を聞いていると、「待機」というフレーズに別の意味をこめている人に出会います。それは、ITなどの技術系派遣の人たちです。彼・彼女らは、特定派遣の派遣会社で正社員や、有期雇用契約であっても比較的長期で働いている。雇用契約はそのまま続いているけれども、担当していたプロジェクトが一段落して、次のアサイン(派遣)先が決まるまでの間のことを待機と表現します。

雇用契約が続いているので、派遣会社は研修などで時間を有効に使うよう指示を出しますし、給与や休業手当を支払っています。

待機期間中に発生する2つの問題

登録型派遣と特定型派遣で状況が微妙に違う「待機」。待機期間中に起こる問題も違います。

前者は、収入が途絶えるにもかかわらず仕事が決まらないこと。

後者は、一定の収入はあるのだけれども、モチベーションが下がることです。それまで忙しく働いてきた人が、ふと時間ができると、「このままでいいのかな」「もっといい仕事があるのではないか」と考えだし、転職活動のスイッチが入ることは少なくありません。

次ページでは、それぞれの待機の乗り越え方について考えてみます。