労務管理 ガイド 小西 道代

こにし みちよ

労務トラブルを未然に防ぐ社会保険労務士

社会保険労務士。社会保険労務士法人トップアンドコア役員。大学卒業後、日本マクドナルドに入社。幅広い年齢層と共に働くことで、法律や制度だけではない労務管理・組織運営に興味を持ち、弁護士事務所等で経験を積む。自身も喫茶店を経営した経験から、労務トラブルを未然に防ぐための労務相談を得意とする。

得意分野

法改正対応、労務トラブル、派遣法、非正規雇用、障害者雇用など

ガイド担当テーマ

活動実績

執筆ガイド記事本数11

ガイドからの挨拶

立場も年齢も、経歴も育ってきた環境も、まったく違う人たちが同じ空間で働くのが職場だからこそ、ルールが必要です。働くときに守らなければいけないルールが、労働基準法をはじめ、労働関連の法律です。

職場で怪我をしたら労災保険が使えるとか、急に子供が熱を出したら看護休暇が取れるとか、契約社員でも育児休業を取れる場合があるとか、知っているのと知らないのでは大違い。利用できる制度を知っていれば、必要な条件に合わせる工夫もできます。働き方によってルールが違うのであれば、そのメリットとデメリットを知ることで、自らより良い方を選択することができます。

特に女性は、結婚や出産、育児、介護など、家族の事情によって、働き方を変えなければいけない状況に陥りがちです。でも、「正社員」「フルタイム」に縛られない柔軟な働き方ができるのも、女性ならではの切り替えの早さ、気遣いやコミュニケーション能力の高さがあればこそ。

私自身、正社員、アルバイト、派遣社員から経営者まで、様々な雇用形態で働いてきました。それぞれの立場を経験してきたからこその視点と、日々、労務相談にかかわる社会保険労務士としての知識を交えて、自分で自分の働き方を選択するコツ、トラブルに巻き込まれないための知恵をお伝えしていきます。

ガイドの新着記事

  • どうする?派遣先から正社員への採用の誘い

    どうする?派遣先から正社員への採用の誘い

    派遣社員として派遣先の会社で働くうち、「うちで社員にならない?」「契約社員からなら採用できるよ」などの声をかけられることがあります。採用してもらうと何がどう変わるのか?声をかけてもらって嬉しい反面、ふと不安に思うことを解説します。

    掲載日:2018年05月15日労務管理
  • 失業保険を最短で、多くもらえる退職理由は?

    失業保険を最短で、多くもらえる退職理由は?

    次の仕事が決まっていない状態で会社を辞めるとき、一番の不安がお金です。最後の給与が振り込まれた後は、貯金で生活していくしかありません。お金のことが気にかかってしまうと、とにかく急いで仕事を決めたい!早く給与をもらいたい!と条件もよく確認しないままに決定しがちです。そんなときは、失業保険(失業手当)を活用しましょう。退職理由や勤続年数によってもらえる金額、時期が変わる点を解説します。

    掲載日:2018年05月14日労務管理