『全米住みたい都市1位』として、一躍有名になったポートランド。“アメリカ人がそうなりたかったアメリカ”を実現させた姿が、クリエイティブシティ・ポートランドとして今注目を集めています。
2

ナチュラル&オーガニックなライフスタイル!


食の街、ポートランド

「自分たちの食べるものはどこから来ているのか?」をとても気にするポートランド市民。小規模農家によってつくられた、オーガニックの野菜や果物が並ぶファーマーズマーケットが毎日どこかで開催されていたり、とにかく“手作り”にこだわることから、クラフトビールの醸造所を備えたビール店が50軒以上も立ち並んでいます。

10

どこでも絵になる街並み

街には平日の日中にも関わらず、アーティストが路上ライブを行い、のんびりとスタンドタイプのジュースバーで休憩する男性たちの姿も。

車や歩行者よりも“自転車”が優先される街はコンパクトに設計されていて、旅行客でも気軽にサイクリングや街歩きを楽しむことができます。


ポートランドを象徴する「Airbnb」のオーナーたち

今回筆者は、部屋を借りたい人と貸したい人をつなぐWEB宿泊サービス『Airbnb』のオーナーの中でも、高いレビュー数を誇る人気ホストの元を3軒、訪問・宿泊させて頂きました。この『Airbnb』の仕組みこそが、「ポートランドスタイル」だと語るのは、現地で日本人ガイド・通訳を務めるKANEMASU LLC所属のJIROさん。

1

Airbnbのオフィスは自由そのもの。

ポートランドに住む人々は、ライフスタイルがとっても自由。背景には、NPO(非営利団体)による良い地域づくりのための意識が根付いているのだそう。

NPOの活動は全米の中でも特に盛んで、住みやすいライフスタイルを求めて、市民一人一人が積極的にコミュニティに参加しているのが、この地域の特徴でもあります。

また、本業とは別に、自宅の空いた部屋をオシャレにカスタマイズして、世界中の旅人を受け入れ、オーガニックやスーパーフードの食材を生かした料理をふるまう……などのスタイルが人気。今回訪問した3人のAirbnb・スーパーホストの部屋も、半年先まで予約が埋まっているのだとか。
3

ホストのお宅は憧れの一軒家!


今回筆者が宿泊させて頂いたJaniceさん宅は、丸ごと一軒家を貸して頂けるプラン。庭にはたくさんの花々が咲き、オープンなキッチンには新鮮な果物がディスプレイされている、とても素敵なお宅でした。