今回は、夏になると、特に気になる、「二の腕」、「太もも」、そして、「ふくらはぎ」の部分をセルフケアする「骨筋(コルグン)」をご紹介します。

「骨筋(コルグン)」とは?

骨・筋肉・リンパ・神経・経絡の原理を取りいれている
・ 骨を感じる強さで行う気持ちいい圧と刺激
・ 骨と筋肉の「体積」を減らす
・ 韓国で初めて博士論文で「骨と筋肉の縮小」が証明された
・ 筋肉のよじれ、骨格のゆがみを改善し、バランスのよい肉付きにする
血行促進で肌ケアの効果も期待できる

骨のズレを正しい位置に動かし小顔効果などが期待できる、「骨気(コルギ)」と似ていますが、人体解剖学と生理学を基礎に、骨だけでなく筋肉・リンパ・神経・経絡の原理を取り入れたマッサージの一種です。日本ではまだ広く知られていませんが、骨と筋肉の縮小が博士論文で科学的に証明された韓国唯一のメソッドで、韓国国内で20店舗以上を展開するほど人気を博しています。

さっそく、セルフでできるプロセスを教えましょう。


【二の腕ヤセ】しぶとい"ふりそで肉”をオフする骨筋(コルグン)

※骨を感じるくらいのやや強めの圧で行いましょう。
jpeg

二の腕のセルフケア


1. 手のひらを上に向けた後、反対側の手で手首を包み、親指を使ってゆっくりと手の先に向かって押しあげます。方向を変えながら、手のひら全体をや刺激します。反対側の手も同じ方法で行います。



 

jpeg

二の腕のセルフケア2


2. 片方の腕を伸ばして反対側の手で、手のひらから脇まで、一気にさすりあげます。 9回繰り返した後、反対側の腕も同じように行います。




 

jpeg

二の腕のセルフケア3


3. 片腕を軽く曲げ、反対の手で、肘から肩井(肩先と首の間にある凹み部分のツボ)まで、さすりあげます。 9回繰り返した後、反対側も同じように行います。




次は気になる太もも・ふくらはぎのケアです。