美肌を妨げる1番の原因、実は…紫外線です

お悩み

お肌の乾燥やくすみなどのトラブルも紫外線からの悪影響の場合が多い

紫外線のというと肌を黒くするイメージがありますが、その悪影響はシミだけではありません。シワやたるみを引き起こす原因にもなるのです。

今回は美肌を手に入れたい人必見!お肌を紫外線から正しく守ることで、美肌を作る方法を、紹介していきます。


 

日本人女性の約9割が何らかの肌トラブルで悩んでいる

紫外線は真皮のコラーゲンやエラスチンを破壊し、肌のハリや弾力を奪い、シワやたるみの原因になります。また皮膚内のビタミンAも破壊し、くすみやキメの乱れや、さらには皮膚ガンなどに繋がるとも言われています。
ビタミンAは抗酸化作用があり、皮膚を健康に保ってくれる役割がある、美肌を作るのにとっても重要な栄養素です。

日常生活の中で太陽の光をほとんど受けないお尻などの肌はシミやシワはほぼ出来ず、若い時と比べてみても大差ありませんが、常に太陽光にさらされている顔や首の肌はやはり老化がみられますよね。

紫外線によるダメージを最小限に食い止め、美肌を守る対策法を紹介していきます。

美肌対策1 : 朝起きてすぐに、必ず日焼け止めを塗る

日焼け止め

日焼け止めの正しい使い方を覚えてお肌を守りましょう

紫外線ケアは、ちょっとの油断が大敵!必ず朝起きたらすぐに、日焼け止めを塗りましょう。

「日焼け止めクリームを塗ってからでないとカーテンを開けない」、というUVケアを徹底している知人の肌は、真っ白でハリと弾力があり、毛穴レスでとっても綺麗です。

 

美肌対策2 : 「SPF値が20以下」の物を、こまめに塗りなおす

日焼け止めはSPF値が高ければ高いほど良いと思いがちですが、効果が高くなるわけではありません。むしろ高濃度の紫外線吸収剤が配合されており、この吸収剤自体が活性酸素を発生させることがあるようで、肌に負担になることも……。
シーンにあった適度なSPF値のものを選び、夏は汗で落ちてしまうことがあるので、こまめに付け直すことが重要です。

どうしても日焼け止めの使用感が苦手、という方は、お手持ちの保湿クリームに混ぜて使ってみてください。使用感が気にならずに、たっぷり塗ることができますよ。

美肌対策3 : サングラスをかけて目からの日焼けを防ぐ

太陽

紫外線は、10時~14時が最も量が多いといわれますので、特にご注意

紫外線の量が多いと、目から脳へと情報が伝達され、脳は全身の紫外線防御システムを作動させて、メラニンを増産させてしまいます。

サングラスで目を防御していれば紫外線を察知させずに済み、シミやソバカスを防ぐことができるので、是非、サングラスをかける習慣をつけましょう。

 
次のページでは、紫外線よって失われたお肌のハリ、ツヤを取り戻す方法をご紹介します。