デスクワークの疲れからやる気がダウン?

youtsu

デスクワークの疲れに。

デスクワークをする人にとって、腰痛・肩こり・下半身のダルさ……は、もはや職業病。

「姿勢を改善すればよくなる」とは言うものの、長時間のデスクワークの最中、常に姿勢を意識し続けるのは難しいもの。疲れや痛みから、集中力を欠き、やる気を失ってしまう人も少なくありません!

解決法として、仕事の合間に軽くストレッチや体操を取り入れるのがオススメですが、「どうせ気休め程度……」とあきらめている方も多いのでは? きちんとポイントを押さえてストレッチをすれば、セルフケアでもその効果は何倍にもアップします!

そこで今回は、1~2分でカンタンにできる3ステップのツボ押しマッサージで、リフレッシュしましょう。

準備:マッサージ前のビフォー・アフターチェック

kosinougoki

前後、左右など腰の動きをチェック

腰痛の原因となる股関節の付け根にある腸腰筋(大腰筋と腸骨筋)、座りっぱなしで圧迫された梨状筋のコリを解消していきます。

まずは、マッサージの前後でどのような変化が起きるかチェックするために、ストレッチをしてみましょう。

・腰を前後に動かす
・左右傾けて動かす
・腰を左右に動かす

ストレッチをオフィスでおこなうのが難しい場合は、省略してもOKですが、ビフォー&アフターのチェックをすることで、自分自身のカラダの変化がわかり、毎回マッサージが楽しくなります。

それでは本題の、マッサージをはじめましょう。


マッサージ:3分で腰痛解消できる簡単ツボ押し


【STEP1:魚際】 パソコンの操作による「親指の疲れ」を解消!
gyosainoiti

魚際の位置はここ

「魚際(ぎょさい)」は、手の平側の親指付け根の膨らんだところの中央にあるツボのこと。

フーッと息をゆっくり吐きながら、3~5秒間、反対の手の親指でグーーッと押し、3回繰り返します。

図のように、手の甲を4本の指で支えながら押すと力が入りやすくなります。力の強さは、「イタ気持ちいい」と感じる刺激がベスト。肩こりにも効果的なので、デスクワーカーにはピッタリのツボといえるでしょう。


【STEP2:風市】 座りっぱなしで圧迫された「足のダルさ」を解消!

huuinoiti

風市はももの外側の中央。

「風市(ふうし)」は、太ももの外側中央あたりにあるツボのこと。気をつけの姿勢で真っ直ぐに下げた手の、薬指の第二間接部分を目安にしてください。 

「風市」を3秒押して、3秒離す、を3回繰り返します。
イスに座ったまま、「風市」を押しながら、もも上げをするのもダルさ解消に効果的です。



 

【STEP3:大巨】 下半身や腰の全体の「痛み」を取る!
daikonoiti

大巨の位置

「大巨(だいきょ)」は、お腹の筋肉の真ん中にあるツボのこと。おへその位置(図の赤い点)から指3本分下の2点(図の黄色い点)と覚えてください。

この「大巨」を、両手の親指以外の四指でお腹から背中の方向へまっすぐ3秒押して、そのままグリグリと左右の方向に指を揺らしながら3秒押します。

次に、ニコッと笑顔をつくり、ゆっくり深呼吸し、息をはくときに、同じく両手の四指でグーッと「大巨」を押して30秒キープ。これを3セットおこないます。

「大巨」は、坐骨神経痛や腰下肢痛、リウマチにも効果があり、大腸や婦人科疾患、膀胱炎など下腹部の病気全般に効く、非常に効果の高いツボです。


腰痛や坐骨神経痛の改善に効果があります!

マッサージはこれで終了です!

もう一度最初に行った、腰のストレッチをして、股関節の動きをチェックしてみましょう。体が軽く、動きやすくなっていませんか? 

毎日続けることで、腰痛はもちろんや眠気をとり、やる気を引き出すことができるでしょう。ぜひ実践してみてくださいね。


※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。
※個人の体質、また、誤った方法による実践に起因して肌荒れや不調を引き起こす場合があります。実践の際には、必ず自身の体質及び健康状態を十分に考慮し、正しい方法で行ってください。また、全ての方への有効性を保証するものではありません。