<目次>

梅雨は、実は掃除のベストシーズン

梅雨が掃除に向いているホントの理由と掃除のポイント

じめじめした季節だけれど、実はお掃除には最適な季節なんです

じめじめと雨降りが多い梅雨時は、掃除もおあずけ、と思っている方はいませんか? 実は、雨による湿気が多い梅雨時は、お掃除のベストシーズンなんです。
理由は3つあります。
 
  1. 適度な湿気が、カビの胞子などの飛散を抑える
  2. 静電気が発生しないので、埃が取れやすい
  3. 夏と秋が最盛期となるダニの発生の予防になる

大掃除シーズンである12月は、乾燥して静電気が発生しやすいことと、気温が低く油汚れも固まりがちなために、掃除にはあまり向いていません。それに、何かと忙しい時期なので、慌ただしくなりがちですよね。
梅雨時は雨降りが続くと、レジャーでの外出も控えがちになります。長雨の続く週末は、家族でお掃除をして過ごすというのも、梅雨時のよい過ごし方なのでは?

それでは、梅雨にぜひ掃除をしておきたい3カ所を、順番にご紹介していきましょう。
  •  

この3カ所は、12月より梅雨シーズンの6月に掃除すべし!

1 窓ガラスと網戸

雨でどうせ汚れるから、窓や網戸のお掃除は梅雨時にはしない! と思っている方。ぜひ、小雨の日などを選んで、窓拭きをしてみてください。湿度があるほうが、窓ガラスの汚れは断然落ちやすいのです。
また、網戸の埃も、乾燥した晴天時は飛び散ってしまいがちですが、湿気のある曇天、もしくは小雨の日のほうが効率よく落とせます。
ガラスクリーナーと布を使ってのお掃除より、写真のような電動スキージーを使うと気軽に掃除できるので、おすすめです。思い立ったらすぐ使える道具を、常備しておくのもお掃除のハードルを下げるコツですね。
 

 

網戸は、埃が大量についている場合は、裏側に新聞紙を当てながら掃除機で埃を吸い取ります。その上で、市販の網戸用のお掃除シートを使えば簡単です。専用ハンドルがなくても、シートを台所用のスポンジに巻いて、表面をこするように拭くと、簡単に汚れを落とすことができます。試してみてくださいね。

 

 

2 浴室

浴室の天井や換気扇の付近には、カビの胞子が付着しています。この胞子は、掃除のために窓を開けたり換気扇を回すことで簡単に飛び散り、着床したところに新たなカビを生む原因になります。アレルギーの原因にもなるので、注意したいところ。

このため、浴室の大掃除も、乾燥している時期より湿気が多い時期のほうが向いています。普段あまり手をかけない天井や窓枠、壁などは、フロアモップの持ち手を短くしたものに、ウェットタイプのお掃除シートや、使い捨ててもよいウェスを濡らしたものをセットして拭きます。
その上で、浴室のカビ取りなどもしておきましょう。最後はよく換気をし、カビ予防剤などをかけておくと安心です。
 

 

3 フローリング、カーペット掃除

部屋の中には、衣類やカーテンなどから出る繊維の埃や、カビやダニのフンなどの微細な埃、外から入ってくる砂埃などが充満しています。これらは人が歩くだけで舞い上がり、やがて家具の上や、部屋の隅にまでまんべんなく落ちて堆積します。

こうした埃は、乾燥した時期は静電気が発生しやすいため、化学繊維のカーペットやソファ、カーテンなどに付着して取れにくくなってしまいます。また、フローリングの表面も、掃除機やモップでこすることで静電気が発生して、逆に埃を集める結果になることも。

とはいえ、夏は気温が上がりすぎて、水で濡らしたぞうきんやモップ、ウェットシートを利用してのお掃除はしずらくなります。水分がすぐ蒸発してしまうので、効率が悪いのです。
湿気があるほうが舞い散らずに掃除できます

舞い降りた埃はさまざまな場所に堆積します。湿気があるほうが舞い散らずに掃除できます

床掃除は湿気の多い梅雨時が向いています。家具を動かしての大掃除も、梅雨時なら埃が舞い散らないので、ダニやカビの胞子も舞い散りません。ぞうきんは水分が残るので、市販のウェットシートや、マイクロファイバークロス、セルロースクロスなどをしっかりとよく絞ったもので拭くのをおすすめします。
 

 
夏から秋にかけては、家の中にダニのフンや死骸、カビの胞子が大量に発生する時期となります。夏の到来に向けて、梅雨時こそ大掃除。今やっておくことで、残りの季節を快適に過ごすことができるようになりますよ。

【関連記事】



※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。