ガラスは湿気があるほうが拭きやすい!

雨の日は窓拭きがラクチン! と聞くとちょっと意外ですが、乾燥しているよりも、湿気が多いほうがガラスは汚れが落ちやすく、飛び散ちりがちなサッシのレールまわりや、網戸の汚れなども効率よく落とせます。
雨降り

雨の日は家事も滞りがち。でも時短できる家事があるなら、楽しみながら取り組みたいですよね!

ひどい汚れがついていなければ、ガラスの汚れはクリーナーなどの洗剤類を使わなくても、水で落ちます。雨も上手に利用して、窓周りをきれいにしてしまいましょう。


用意するのは霧吹き+スキージー+マイクロファイバークロス

まず水を入れたスプレー容器でガラスに霧吹きをしてから、スキージーで水分をかきおとします。

室内では水分が下に落ちるため、利き手にスキージー、反対の手にマイクロファイバーやセルロースのクロスを持って拭きあげていきましょう。ケバが残りがちな

タオル類より効率よく、汚れもよく落ちます。これだけでも、かなりガラスはきれいになります。
窓拭き道具

用意するのはこれだけ! クリーナーは特に必要ありません


ガラスの外側は、外側のガラスに雨水が付着している場合は、これを利用して、雨が止んだころにスキージーで水滴をかきおとしておきます。雨粒がつかない場所は、霧吹きで水分を補充してスキージーで除去しておきましょう。
ガラス拭き

窓の外は雨をおおいに利用して


新聞紙で拭きあげるという先人の知恵も

スキージーで水分をかきおとす際、室内の窓の下に新聞紙を敷いておき、最後にこれを丸めて、ガラスを拭きあげるという方法もあります。新聞紙のインク成分が、窓をピカピカにするのだとか。


電動スキージーがあれば怖いものなし!

ガイドが愛用しているのが、充電で運転する電動スキージー。スイッチを入れると、掃除機のように水分を吸い取りながらスキージーを使うことができます。

これなら、ガラスに霧吹きをしたのち、これで水分を吸い取りながらスキージーを運転させるだけで、ガラスはピカピカです。

これは冬の結露を取る際にもとても便利なので、四季を通じて活用できます。道具が便利だと、家族も家事に協力してくれやすくなるもの。興味がある方は導入を検討してみては。

ほかにも、梅雨がそうじに向いている場所は家の中にいろいろ。雨降りの日も気分を切り替えて、ラクチンきれいを楽しみましょう!

関連記事: 梅雨が掃除に向いているホントの理由


※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。