毎年日本人も参加!レベルの異なる団体・個人向けにあわせた受講内容

ハーダンガー刺繍講座

さまざまなステッチに挑戦して、わからなくなったら講師にたずねることができます Photo:Asaki Abumi

ハーダンガー刺繍のレッスンには、毎年日本からも参加者が訪れます。参加者の国籍がばらばらのインターナショナルコースの時期(4日間の集中講座)に参加ができなくても、事前に問い合わせをすれば、受講者の要望にあわせたプログラムを作成してもらえます(1日のみの受講も可能)。

例)受講者が1日レッスンを希望する場合のモデルコース
9:30~10:30 博物館のガイドツアー
10:30~12:30 ハーダンガー刺繍レッスン
12:30~13:30 ウトネホテルでランチ
13:00~15:00 ハーダンガー刺繍レッスン
15:30 ベルゲンやヴォス行きのフェリー乗船

ハーダンガー刺繍

博物館にはさまざまな完成作品があるので、参考にしたいパターンをみつけることもできる Photo:Asaki Abumi

上記のプログラム内容であれば、大人1人あたりの1日の受講料は6人向けのレッスンの場合475ノルウェークローネ(食費や材料費は除く)。1時間あたりの受講料は600ノルウェークローネで、参加者の人数が多ければ多いほど安くなります(1時間あたり、参加者が1人なら1人で全額負担の600ノルウェークローネ、6人なら1人100ノルウェークローネ)。

日本からの受講者も多いため、旅行会社が仲介役となり、レッスンで挑戦したい模様を決めておくなど、事前に計画をしっかりと立てることもあるそうです。プログラム内容は、訪問者にあわせて臨機応変に対応してくれるので、遠慮せずにまずはメールで直接問い合わせてみるか、旅行会社に相談してみてください。日本語の通訳が必要な場合は、旅行会社が手配することが多いそうです。

世界中からの受講者と一緒に、英語でレッスン

ノルウェー料理

ランチは博物館のカフェで Photo:Asaki Abumi

博物館側が公式に毎年開催している刺繍レッスンは、ノルウェー語と英語のコースにわかれます。4日間の集中講座で、ガイドツアー、資料倉庫の見学、宿泊費(ウトネホテル)、期間中の飲食費を含みます。

<DATA>
■2015年度の秋のレッスン(Courses in Hardanger embroidery)
期間:9月24~27日(申し込みは8月20日まで)
料金:5990ノルウェークローネ

Hardanger folkemuseum(ハダンゲル民族博物館)
住所:Hardanger folkemuseum, 5778 Utne
電話:+47 53 67 00 40
アクセス:バスやフェリーでウトネ駅、またはウトネホテルから徒歩5分

※1ノルウェークローネは2015年5月現在、約15.8円。おおむね16円前後で推移。
※レッスン内容や料金は2015年度分となるので、最新情報は博物館の公式HPで確認要。
※「Hardanger」は、ハーダンガー、ハダンゲル、ハルダンゲルと、複数の発音方法・表記が可能です。

関連記事
「ノルウェーのハダンゲルフィヨルド観光と癒しの村紀行」
「フィヨルド観光で人気!ノルウェー第二の都市ベルゲン」
「ノルウェーのお土産」

※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。
※海外を訪れる際には最新情報の入手に努め、「外務省 海外安全ホームページ」を確認するなど、安全確保に十分注意を払ってください。