絵本と絵本が繋がっていく! 林明子さんの遊び絵の秘密

女の子を描いたら日本一と言われる絵本作家……それが林明子さんです。でも林さんの絵本の魅力はそれだけではありません。絵本好きな方々の中で、林さんの絵本に色々な遊び絵があることはよく知られていますが、それらはただ絵本1冊ごとのお楽しみにとどまらず、複数の作品を横断し繋げてひと回り大きな絵本の世界を作り上げています。

今回は5冊の絵本をとりあげ、作品中の遊び絵を探しながらそれぞれの絵本がどんな風に繋がっているのかを見ていきましょう。絵本本来の楽しみ方ではないとご批判が出るかもしれませんが、ついつい夢中になって案外病みつきになるかもしれませんよ。

林明子さんのはじめての物語絵本『はじめてのおつかい』

『はじめてのおつかい』の表紙画像

表紙の少女の弾けるような笑顔の訳は? 幼子の小さな冒険物語

『はじめてのおつかい』は、みいちゃんが大忙しのお母さんに頼まれて、初めて1人でお使いに行く物語です。最初のページを開いた途端、目に飛び込んでくるのはアタフタ感たっぷりのダイニング。台所には洗い物がそのまま置かれ、掃除機も出しっぱなしで、隣の部屋では赤ちゃんが泣いています。

この場面を見れば、お母さんがなぜみいちゃんにお使いを頼んだのか小さな読者にも一目瞭然です。絵本は「文章だけでなく絵が物語る」といいますが、この場面はまさにそういうこと! お話の背景が瞬時にわかる絵なのです。こんな風に絵だけで巧みにお話を語る林明子さんが絵本の中に潜ませた遊び絵とはどんなものでしょうか?早速探していきましょう。

まずは、みいちゃんが出かけるページ。おうちに備えられた郵便受けを見ると「尾藤三」という変わった苗字が書かれています。さて何と読むのでしょう? 答えは「おとうさん」です。この物語にお父さんは登場しませんが、この郵便受けで父親の存在をアピールしています?!

インコのイメージ画像

この写真のようなインコも絵本のどこかに隠れています?!

ドキドキしながら初めてのお使いに出かけたみいちゃんですが、読者もみいちゃんと同じように途中で気を抜くことは許されません。例えば、鳥かごから逃げ出したインコとそれを探す男性など、町の中にたくさんの小さなドラマが隠れているからです。

通りの掲示板には迷い猫を探す紙が貼られていますが、その猫だってよ~く探せばきっと読者にも見つけだすことができるはず。でも見つけたからといって、連絡先に電話をかけてはいけません。紙に記された番号は当時の福音館書店編集部の電話番号なんですって! 今では考えられないお遊びですね。

さて、幼い少女にとって冒険ともいえる初めてのお使いは、ちょっとした失敗もありましたが無事ミッションを完遂することができました。そのみいちゃんの冒険を楽しむと同時に、上に挙げた以外のたくさんの遊び絵をどうぞ探してみてください。見つけた分だけ、物語の背景に深みが増していきそうです。

【書籍データ】
筒井頼子:作 林明子:絵
価格:864円
出版社:福音館書店
推奨年齢:4歳くらいから
購入はこちらから


>>『はじめてのおつかい』の登場人物の顔を覚えて下さい。その訳は次頁で。