小規模事業者持続化補助金の受付が開始される

国の成長戦略により、経済活性化に関する予算が計上されています。そのひとつ、小規模事業者持続化補助金(以下、持続化補助金)の受付が始まりました。小規模の事業者が経営計画を作成し、その計画に沿って販路開拓に取り組む場合、その費用の2/3が補助されるというものです。商品・サービスを売っていくためにはお金がかかるものですが、駆け出し起業家にとっては資金面での制約がつきもの。そこで、この補助金を利用してみてはいかがでしょうか。詳しく解説していきます。

補助上限額

補助金を活用して販路開拓をしよう

補助金を活用して販路開拓をしよう

50万円以下のいずれかに該当する場合、上限が100万円に引き上げられます。

1.雇用増加に取り組む事業者
2.従業員の処遇改善に取り組む事業者
3.買い物弱者対策に取り組む事業者

補助対象者

小規模事業者が対象となります。

次に当てはまる事業者のことです。

・卸売業・小売業 常時使用する従業員の数 5人以下
・サービス業(宿泊・娯楽以外) 常時使用する従業員の数 5人以下
・サービス業のうち宿泊・娯楽 常時使用する従業員の数 20人以下
・製造業その他 常時使用する従業員の数 20人以下

なお、従業員には法人の代表者や役員、個人事業主は含みません。パートも含みませんが、フルタイムで働く場合は含まれる可能性もあります。

※起業家に限らず、既存事業者も対象です。
あまり知られていないので、穴場の補助金といえます。

参考情報:日本商工会議所
平成26年度補正予算 小規模事業者持続化補助金
http://h26.jizokukahojokin.info/

補助対象経費

販路開拓に伴う経費が対象になります。

1.機械装置等費
2.広報費
3.展示会等出展費
4.旅費
5.開発費
6.資料購入費 
7.雑役務費
8.借料
9.専門家謝金
10.専門家旅費
11.車両購入費
12.委託費
13.外注費

イメージとして次のようなものが対象になります。
・販促用チラシの作成、配布
・販促用PR(マスコミ媒体やウェブサイトでの広告)
・商談会、見本市への出展
・店舗改装(小売店の陳列レイアウト改良 、飲食店の改修を含む)
・商品パッケージ(包装)の改良
・ネット販売システムの構築
・移動販売
・出張・新商品の開発
・販促品の製造、調達 など

つまり、ホームページやチラシの作成や広告の出稿、展示会への出展など販路開拓に直接関わるものだけが対象経費ではありません。専門家のアドバイスを受け支払う謝金や出展する展示会へ出向く旅費、使用する備品、機器など間接的なものまで、かなり幅広く認められます。対象経費に関するアイデアは無限大です。

募集期間

受付開始日:平成27年2月27日(金)
第1次受付締切 : 平成27年3月27日(金)[締切日当日消印有効]
第2次受付締切 : 平成27年5月27日(水)[締切日当日消印有効]

今から始めれば、まだ間に合います!

応募するには?

応募には経営計画書、補助事業計画書、事業支援計画書(商工会議所が発行)などの書類が必要です。申請準備にはある程度の時間とノウハウを必要とします。余裕を持って準備することをお奨めします。商工会議所に直接問い合わせるか、ガイドのような補助金のサポートを行っているコンサルタントなどに相談してみるかがスタートラインです。気になった方は、お急ぎください。



※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。