新型エコカー補助金の申請における注意事項

平成23年12月20日以降の新車登録等も対象となる
新型エコカー補助金の申請受付期間は、平成24年4月2日から平成25年2月28日までとなっています。しかし新車登録等については、平成23年12月20日から平成25年1月31日までされている必要があることがポイントです。

つまり、これから新型エコカー補助金を契機に新車購入を検討しようとしている方のみならず、すでに燃費基準等を達成した対象車で平成23年12月20日以降に新車登録等を行った場合であれば、今回のエコカー補助金の対象になるということです。

申請書は新車登録等の翌月末までに受理される必要がある
新型エコカー補助金申請書の受付は、新車登録等の翌月末(その日が土日祝日の場合はその前日)までに審査機関に受理される必要があります。

ただし平成23年12月20日から平成24年5月31日までに新車登録等がなされたものについては、例外的に平成24年6月29日までが申請書の受付期限とされています。

例えば、以下の通りとなります。
  • 平成23年12月20日(火)の場合……平成24年6月29日(金)まで
  • 平成24年5月10日(木)の場合……平成24年6月29日(金)まで
  • 平成24年6月29日(金)の場合……平成24年7月31日(火)まで
エコカー補助金制度としての受付期間(平成24年4月2日から平成25年2月28日)と、個別の申請書の受付期限は相違していますので、提出忘れのないよう注意してください。

新車登録等から1年以上使用しないと補助金を返納
また、新車登録等から1年以上の間、原則として、同一の者による使用(車検証上の名義を変更しないこと)が求められ、違反すると補助金の返納というルールもあります。

なお、以下に該当する場合には変更手続き書類を提出すれば、使用者の変更を認めてくれますので、きちんと手続きを行ってください。
  • 同一世帯の親族または二親等以内の親族への使用者変更
  • 婚姻・改名等による姓名変更
  • 親会社と親会社の100%子会社間での使用者変更(100%子会社が複数ある場合の子会社間の使用者変更も可能)
  • 企業の合併により自動車の使用者の権利義務をすべて承継
  • 法人名変更による使用者名の変更
といった場合です。

新型エコカー補助金の申請に必要な書類、手続きの流れ

新型エコカー補助金の申請に必要な書類は申請者別に以下の5点とされています。
エコカー補助金申請書類一覧(出典;経済産業省ホームページより)

エコカー補助金申請書類一覧(出典;経済産業省ホームページより)

新型エコカー補助金交付申請書兼実績報告書については審査機関である一般社団法人次世代自動車振興センターのホームページから入手できます。また申請者および住所を確認できる公的書類としては
  • 有効期限内の運転免許証(表・裏面をコピーすること)
  • 有効期限内のパスポート
  • 発行後3ケ月以内の住民票
  • 住民基本台帳カード
  • 現住所が記載されている健康保険証
のいずれかのコピーがあれば可とされています。


予算額が3000億円と限られている政策であること、新型エコカー補助金の申請対象前から遡及適用できることなどから、早めの対応をしてみてはいかがでしょうか。

【関連記事・テーマ】
知ってるつもりのエコカー減税
古い車は自動車税が割増!?
自動車税の基礎を学ぼう
自動車保険

【関連サイト】
「エコカー補助金」の概要について(国土交通省)


※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。