ああ

新型エコカー補助金制度の適用条件や注意事項をチェックしよう

2012年2月8日、補正予算の可決によってエコカー補助金が新しくなって復活することが確定し、4月2日から申請の受付が開始されました。しかし補助金の予算が3000億円であるので早めの打ち切りも予想されます。

この新型エコカー補助金の制度を視野に入れ新車購入を検討している人は(既に購入した人でも平成23年12月20日以降の新車登録等であれば適用)、対象車、注意事項、申請に必要な書類などについてチェックしてみましょう。

新型エコカー補助金制度とは

新型エコカー補助金制度とは、国内市場の活性化と環境対策への貢献のために、環境性能にすぐれた新車の購入を促進し、環境ならびに景気対策を目的に、一定条件を満たした新車の購入に対して、国から補助金が支給される制度です。

新型エコカー補助金の受付期間は、平成24年4月2日から平成25年2月28日となっています。しかし予算額が3000億円と限られているので、申請総額が予算額を超過する場合には受付期間内であっても募集が終了される可能性があるということが経済産業省から公表されています。

新型エコカー補助金の補助対象車とは

新型エコカー補助金制度の適用条件を満たす新車の条件について詳しく見てみましょう。

■新車の定義
新型エコカー補助金の対象車は、平成23年12月20日から平成25年1月31日までに、自動車については新車の新規登録がなされたもの、軽自動車においては新車新規検査届出がなされたもの(以下、新車登録等という)です。

新車の購入にあたっては、現金購入のみならず、オートローンの利用、各種クレジットの利用でも対象となりますし、リースあるいはレンタル目的として購入された車でも対象となることもポイントです。

■適用条件
環境対策への貢献度合いとして、平成27年度燃費基準達成が要件の基準となっています。具体的には以下の通りです。
  • 乗用車等……乗車定員が10人以下の乗用車および車両総重量が3.5トン以下のトラック・バス(軽自動車含む)。平成27年度燃費基準達成または平成22年度燃費基準25%超過達成が要件
  • 重量車……ベース車両の総重量が3.5トン超のもの。「小型」「中型」「大型」の3種類に細分化。平成27年度燃費基準達成が要件
■一年間使用することが条件
燃費基準を達成した新車を購入し、かつ一年間使用する者に対して、補助金が交付される仕組みとなっています。

新型エコカー補助金はいくら?

新型エコカー補助金制度で支給される補助金については、経済産業省ホームページ掲載の下表を参考にして下さい。
新型エコカー補助金の燃費基準(出典;経済産業省ホームページより)

新型エコカー補助金の燃費基準(出典;経済産業省ホームページより)

>>新型エコカー補助金制度の注意点についても見てみましょう