ミニバン オススメはユニークなC4ピカソ

M・ベンツVクラス

3列7人のM・ベンツVクラス。FRレイアウトを採用、乗車人数や荷物に関係なく一定の車高を保つ、セルフレベリング付きエアサスペンションを装備。価格は461.8万~655.2万円

輸入ミニバンは、まだまだ選択肢も少ない。これから増えるかも知れないけれども、今はまだ、メルセデス・ベンツVクラス、シトロエンC4ピカソ、VWシャラン、VWゴルフトゥーランの4モデルからしか、選ぶことができない。

このうち、Vクラスは別格だが、本国でモデルチェンジしたばかり。日本への導入を待ちたい。
シトロエンC4グランドピカソ

国産にはない個性的スタイルのシトロエンC4ピカソ。全席独立式シートをもつ室内は、大きなフロントウインドウやガラスサンルーフにより明るく開放的に。価格は347万~378万円

現実的には、C4ピカソがイチバンのオススメだ。ミニバン王国の日本にやってきて、なおそのユニークさを失うことがない。特に、フロントウィンドウ越しの風景が素晴らしい。後でにぎやかな家族だけでなく、運転するお父さんもワクワクできる。ドライブフィールも、ミニバンのなかでは最優秀に属している。
VWシャラン

VW初の3列シートミニバンがシャラン。両側パワースライドドアや多彩なシートアレンジなど使い勝手も高い。レザーシートなども用意され、価格は399万~492.8万円

VWゴルフトゥーラン

ゴルフをベースとするコンパクトなミニバン、VWゴルフトゥーラン。それぞれ独立して取り外し可能3席独立式の2列目など、使い勝手も向上している。価格は316.8万~391万円

VWの2台は、すべてに渡ってマジメに仕上がっている。買って、損はない。けれども、ミニバンとしての機能性においては、日本車にはまだ少し及んでいない。以前に比べて、かなりの進化をみせたけれど、日本のミニバンはさらにその先を走っている。値付けの高い輸入ミニバンが日本市場で苦戦する所以である。

乗れば、さすがにVWだけあって、誰もが自然に乗りこなせ、堅実で安定感もたっぷりの走りをみせてくれる。ことドライブフィールに関する限り、日本のミニバンよりもかなり優れているのは事実なのだが……。

ミニバンの商品性は、走りよりも機能(広さを含む)にあるということだろう。

【関連記事】
ステーションワゴンの選び方 2017年おすすめは?
※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。