基本は“格好が好きなら買いなさい”だが…

M・ベンツSクラスクーペ

乗用車でトップレベルのパフォーマンスを誇る、ハイエンドクーペのM・ベンツSクラスクーペ。ハイパフォーマンスバージョンのAMG、V8ツインターボのS63とV12ツインターボのS65(写真)も用意される


昔、2ドアクーペは格好いいクルマの代名詞だった。クルマ好きでなくても、クーペに憧れた。2ドアであることを発見しただけで、格好いいと条件反射で思う人も多かったほどだ。

“背の低いクルマ”のピラミッドが大小(=クラス)たくさんあった時代、フツウのセダンの裾野が広く、その上に、スポーツモデルや輸入車、高級仕様があって、頂点にクーペモデルが君臨していた。

格好いいけれども、ドアが2枚で後席は狭く不便。だからこそ、憧れの的だったのである。クーペに乗るということは、そういう不便な勝手を超越する何か、たとえば複数台持ちの経済力、を暗に訴えてもいたわけで、それゆえ、クーペを持つことはステータスなりえた。本当は我慢してクーペ1台でも、涼しい顔をしていれば、豊かに見えた時代だったのだ。

もうひとつ、世の中には今と違って3ボックスの実用セダンが溢れていた。カローラ&サニーからクラウン&セドグロまで、大小さまざまなセダンが、現在のミニバンや軽トールワゴンのようなフツウさで、街を走っていた。

だから、人とは違うクルマとしてのクーペの存在感は格別だったのだ。同じように見えて違うことにこそ、人は価値を認めるもの。昔はセダン派生のクーペが多かったのも、それが理由だ。クラウンやセドリックにも2ドアハードトップクーペがあったのだから!

ヨーロッパやアメリカのように、セダンがまだ、乗用車のデフォルトとして根強く売れている市場では、クーペがまだ頑張っている。逆にいうと、国産ではほぼ絶滅危惧種であるから、クーペ好きは必然、輸入車にまでターゲットを拡げざるを得ない状況だ。

というわけなので、日本のクーペ市場は今、輸入車天国であった。
ポルシェ911タルガ

ラグジュアリースポーツクーペの“スタンダード”、ポルシェ911。RRレイアウトを熟成、ベーシックモデルからサーキット仕様のGT3やスタイリッシュなタルガ(写真)などバリエーションも豊富


では、クーペとはどういうクルマか。簡単におさらいをしておこう。まず、ドア数は2枚である。最近、ルーフラインもなだらかにクーペフォルムを謳う4ドアも増えたが、ここではその手の4ドアクーペを省く。あくまでも2ドアである。

座席数は4、もしくは5座。2シーターはクーペというよりスポーツカーの類いである。性能的にはベースとなったセダンに準じるか、もしくはもう少しハイスペックで、いわゆるGT(グランドツーリングカー)的キャラクターが濃い。

そして、なんといってもスタイリングである。ドアを2枚にするだけで、こうも雰囲気が変わるものか、というくらい、セダンとは違ってみえる。その昔は、前後のデザインなどほとんどセダンと一緒でドア数を減らしルーフラインをなだらかにしただけのクーペも多かった(今はほとんどない)が、それでも存在は一際目立っていた。印象が変わることはもちろん、クーペへの憧憬という見る者の心の影響も、そこには多分にあったと思う。
BMW M235i

Mスポーツ”と“Mモデル”のあいだを埋める、どちらかといえばMモデル寄りのスペシャルグレード、“Mパフォーマンス”。2シリーズにもM235iとしてラインナップ

日本におけるクーペのあらましを復習してもらったところで、今、実際に買える輸入クーペのなかから、クラスごとにオススメを挙げておこう。基本は、“格好が好きなら買いなさい”なのだけれども、それじゃ背中を押すことにもならないので、パフォーマンスやキャラクターについて筆者なりに補足解説を試みた。