車体の基本構造から見直し、滑らかな走りを実現

Audi(アウディ)新型A8

Audi(アウディ)新型A8

新型アウディA8に試乗したら、「もはやレクサスLS等と次元が違うレベルにありますね!」と驚いた。まずクルマそのものの質感。外観こそ地味なA8ながら、人間でいえば骨格に相当する車体の基本構造から違うらしく、イメージとしては新幹線の車両のようにガッシリしている。聞けば航空機で使う硬いアルミやカーボンを使ってるそうな。
Audi(アウディ)新型A8

Audi(アウディ)新型A8


一方、サスペンションは滑らかに動く。結果、道路のデコボコが実際より少なく感じるほど。いつも新型車の試乗でチェックする道路の”曲がりながらデコボコしている”場所がある。レクサスLSを含む大半の日本車は大きくバウンドし、天井に頭が当たりそうになることも。A8で通過してみたら、拍子抜けするくらい何も起こらなかった。
 

都市部の住宅街でも小回りがきく

アウトバーンを安心して250km/hで走るなら、このくらいの体力が必要なんだろう。もっと意外だったのは、全長5170mm×全幅1945mmという大きいボディサイズを全く感じさせないこと。同じようなサイズのベンツSクラスやBMW7シリーズ、そしてレクサスLSの場合、狭い都内でハンドル握るとけっこうストレス感じる。

A8に乗っていると、一回り小さいクラウンくらいのイメージ。数日間の試乗で様々なシチューエションを試したが(私の家の近所の路地はボディサイズが大きいとけっこう手強い)、全く問題なし。後で調べてみたら最小回転半径5.3mで、VWゴルフなどと大差なし。ハンドル切ると後輪が逆方向に転舵するためである。
Audi(アウディ)新型A8

Audi(アウディ)新型A8


パワートレーンも新技術を多数採用している。基本は340馬力を発生する3000ccのV型6気筒(55 TFSI quattro)ながら、簡易型のハイブリッドを組み合わせている。最近、ヨーロッパで流行りつつある48V電装系の採用により、回生ブレーキもモーターによるアシストも12V使う日本車の簡易型ハイブリッドより効率良く、都内の実用燃費で10km/Lを下回らないから素晴らしい。
 

強引な割込みも事前に検知する、高精度の運転アシスト機能

Audi(アウディ)新型A8

Audi(アウディ)新型A8


決定的にすごいのは、最新型のライダー(走査型レーザー。高価)を採用した運転アシスト機能だ。そもそもA8は、高速道路などでハンドルもペダル操作もしないまま連続して走れる『レベル3』の自動運転に対応できる技術を持つ。日本でも欧州でも法規のため性能を使い切れてない。認可されたら東京から大阪まで手放しで走ることができる。
Audi(アウディ)新型A8

Audi(アウディ)新型A8


試しにアダプティクルーズを使ってみたら、左右車線からの相当強引な割り込みも事前に検知し、減速。さらに左側車線からの追い抜き(広義では違反)をしない制御を入れており、走行車線走行中、追い越し車線に遅い車両がいると抜かさないようになっている。ライバル車は全て『レベル2』に留まっていることを考えたら画期的だ。
 

同クラスでは珍しい4WD 

アウディA8なら、1日1000kmのロングドライブでも余裕を持って対応できるんじゃなかろうか。しかもこのクラスで珍しい4WDである。雪の降る地域なら心強い相棒になってくれると思う。価格はフル装備で1140万円(55 TFSI quattro)。同等の装備内容を持つレクサスLSよりリーズナブル。絶対的な価格こそ高いが、ライバルと比べたらバリューあります。
Audi(アウディ)A7

Audi(アウディ)A7


ちなみにA8と同じタイミングで発表されたA7は(同じエンジンを搭載するグレード[Sportback 1st edition]で1058万円)、一回り下のA6クラスをベースにしたモデルであり、基本骨格からしてA8と違う。こちらも試乗してみたが、乗り心地や上質感を含め、驚くレベルに達していなかった。瞬時も迷うことなくA8をすすめておく。
※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。