コンパクト~ミドル ゴルフヴァリアントがテッパンか

VWゴルフヴァリアント

Cセグメントの雄VWゴルフのワゴンモデルがゴルフヴァリアント。従来より大きく低くなりスポーティなスタイルに。ラゲージ容量は605~1620L、価格は287.9万~367.1万円

まずは、欧州のセグメント分類でいうところの、Cセグ(コンパクトクラス)以上Dセグ(ミドルクラス)以下、のステーションワゴンから選んでみよう。
ルノーメガーヌエステート

日本ではスポーツモデルのルノー・スポールが人気のメガーヌのワゴンモデルがルノー メガーヌエステート。2Lツインスクロールターボに6MTを組み合わせたGT220(327.9万円)と、1.2Lターボにエフィシエント デュアルクラッチのGTライン(285.9万円)というスポーティなモデルをラインナップ

コンパクトクラスは、VWゴルフとプジョー308、ルノーメガーヌという、Cセグハッチバックで人気(欧州市場)の三つどもえ対決になるが、ワゴンになってもハッチバックの特性はさほど薄れておらず(最新モデルの長所だ)、同じような評価になってくる。しかも、ワゴンとしての積載能力は、コンパクトからイメージされるようなではなく、既に十分、ミドル級だ。つまり、いずれのモデルも、実用車としての走りの領域だけで判断すれば、甲乙付け難い。

ただ、積載能力とライドフィールにくわえて、燃費やメンテ、リセールなどを総合的に評価した場合、ゴルフヴァリアントの優位は動かない。7速DSGと1.2Lor1.4L両ターボエンジンとの組み合わせは、性能面、エコ面ともに優れているし、なにより、クセのないドライブフィールが多くのユーザーには喜ばれている。それこそバカンスのような長距離ドライブの疲れ方がまるで違うのだ。
プジョー308SW

PSAグループが開発したモジュラー型プラットフォームを用いる、プジョー308のワゴンモデルが308SW。130ps/230Nmを発生する1.2Lターボを搭載、価格は305万~345.8万円。ラゲージ容量は610~1606Lとなる

走りの質そのものは高いが、エンジン排気量が大きいメガーヌは、飛ばせばそれなりに気持ちいいものの、日常使いという点でやや見劣りしてしまう。それより、ゴルフヴァリアントに対抗できるのは、プジョー308SWだろう。
M・ベンツCクラスステーションワゴン

2014年にモデルチェンジしたM・ベンツCクラスステーションワゴン。スポーツにはセグメント初のエアサスペンションも装着する。ラゲージ容量は470~1490L、価格は442万~724万円

輸入車ワゴンを実用中心に選ぶなら、ゴルフヴァリアントがテッパン、というのが結論だが、もう少し予算に余裕があってプレミアム性を求めるなら、最新のメルセデス・ベンツCクラスステーションワゴンを選んで間違いはないと思う。

BMWの3シリーズツーリング、特にディーゼルターボの存在も確かに捨て難い。運転する楽しさはBMWの得意科目で、Cクラスよりもその部分では優れる。ただ、毎日乗る実用車としての完成度はCクラスが上だ。なかでも、ディーゼルエンジン搭載車が欲しいという人は、Cクラスのディーゼル発売を待ってから検討した方がいい。

アウディA4もモデル末期だ。次を待った方がいいだろう。
BM#3シリーズツーリング

スポーティな走りのBMW3シリーズツーリング。184ps/380Nmの2Lディーゼルターボや3つのデザインラインなどラインナップも豊富。ラゲージ容量は495~1500L、価格は449万~796万円

 

結論:らしさが味わえるシトロエンC5ツアラー

シトロエンC5ツアラー

独創的な油圧サスペンション、ハイドラクティブ3を搭載するシトロエンC5ツアラー。BMWと共同開発された1.6L直噴ターボを積む。ラゲージ容量は505~1462L、価格は458万~513.1万円

王道は、ゴルフヴァリアントとメルセデス・ベンツCクラスステーションワゴン(理由は本文にある通り)。個人的にはドイツ車ワゴンばかり街に溢れてもつまらないので、今なおホンモノのシトロエンらしさ(ユニークさ)を味わうことができるC5ツアラーも推しておく。長距離ドライブでのGT性能は格別。ホント、昔から、シトロエンのミッドサイズワゴンって、疲れ知らずなんだよね。

次のページは、アッパーミドルクラスの紹介です。