マレー菓子屋台

お菓子屋台

その場で揚げたて。どれも1リンギット程度でボリュームたっぷり。

海側に行くとお菓子類を売る屋台が並んでいます。バナナを揚げたピサンゴレン、丸く焼いたパンケーキにマーガリンと砕いたピーナッツをトッピングして半月状に折り畳んだ「クエ・ブラン」など、カロリーが気になりつつも美味しくてついつい食べてしまうマレーシアの手作り菓子たち。

その場で揚げて売られている「ムルタバ・ジャワ」という揚げお好み焼きのようなスナックも、屋台料理の定番で美味しいですよ。

大通り側、メリディアンホテルの向かいあたりにはABC(かき氷)の屋台も出ています。マレーシアのかき氷の具は独特で、コーン、マカロニ、赤インゲン豆などまで!氷はちゃんと製氷業者が飲料水で作って卸したものを使っています。

生鮮市場

野菜売り場

野菜売り場。魚売り場や肉売り場など売り物ごとに場所が分かれています

食事のできる屋台の南側では生鮮食品を売る屋台も営業しています。昼間の市場以上に活気があり、野菜、果物、肉、魚、調味料など、様々な食材が売られています。市場の南端に果物売り場があるので、そちらで旬の果物を買って帰るのもおすすめです。

朝になると跡形もなく消えているこのマーケット。夕方には再びテントが集まり毎晩同じ光景が繰り返されます。まるで縁日のような活気と独特の熱気。覗いてみるだけでも異国に来たことを実感させられる、忘れられない体験となることでしょう。

<DATA>
■Night Market
アクセス:ホテル「ル・メリディアン」の向かい。街の海沿い部分
営業時間:17:00~23:00(屋台により異なる)、年中無休
※1リンギット=約33円(2015年3月現在)
※人が多い場所なのでスリ、置き引きなどにはご注意ください。
※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。
※海外を訪れる際には最新情報の入手に努め、「外務省 海外安全ホームページ」を確認するなど、安全確保に十分注意を払ってください。